【アークテリクス】春から梅雨まで活躍するオススメのアウター9選|2024年版

※本ページのリンクには広告が含まれています
2024年アークテリクス春夏モデル紹介のイメージ画像 【アークテリクス】

春から梅雨までの変わりやすい天候に、何を着れば良いか悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、高機能アウトドアブランド「アークテリクス」のアイテムです。

アークテリクスは、防水性、透湿性、耐久性に優れた素材を使用しており、どんな天候でも快適に過ごせるウェアを提供しています。

今回は、春から梅雨まで活躍するアークテリクスのおすすめアイテムを9つご紹介します。

アウトドアで使用するのは勿論のこと、普段使いや街着ファッションに使える物まで、幅広いラインナップの中ら厳選しました。

  • ベータジャケット
  • ベータライトウェイトジャケット
  • ベータLTジャケット
  • スコーミッシュフーディ/ジャケット
  • ソラノフーディ/ジャケット
  • ガンマライトウェイトフーディ/ジャケット
  • カディンフーディ/ジャケット
  • ソーヤージャケット
  • アトムフーディ/ジャケット

※フーディ/ジャケットの2つある物は1種類としています。

自分のニーズに合ったアイテムがきっと見つかると思いますので、最後まで是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ベータジャケット

ベータジャケット2023のBlackカラーを着用している画像

ベータシリーズの人気モデルの一つ、ベータジャケット。

薄くて軽量なゴアテックス3L生地のシェルジャケットで、シンプルなデザインに仕上げられているアウトドアから街着までオールラウンドで使いやすい仕様。

2024年モデルからは「ePEメンブレン」のゴアテックスを採用して30D→80Dへと表地が厚くなって強度・耐久性が大幅に向上して新登場。

リニューアルモデルは2024年4月から発売予定。

\リニューアル前モデルが欲しい方は売り切れる前にお早めに!/

>>関連記事:【アークテリクス】ベータジャケット 街着でもキマる万能ゴアテックス

>>関連記事:【アークテリクス】新素材「ePEメンブレン」で大幅に進化した2024年新商品”2つ”のベータ|まとめ

 

ベータライトウェイトジャケット

ベータライトウェイトジャケット2024のIolaカラーを着用している画像

2024年からはベータLTジャケットがベータライトウェイトジャケットとなってリニューアル。
ベータジャケット2024年モデルと同じく「ePEメンブレン」のゴアテックスを採用して重量が395g→340gへと55gの軽量化に成功、ベータシリーズで最軽量モデルとなりました。
裏地もトリコットバッカーから、ベータジャケット同様のGORE® C-KNIT® バッカーに変更して着心地も向上。
内ポケットも追加されて収納力もUPし、全ての面でアップグレードした。
ベータライトウェイトジャケットは2024年3月から発売開始です。

ベータLTジャケット

ベータLTジャケットの赤色をフードから羽織る画像

ベータシリーズの定番モデルのベータLTジャケット。

軽量性と耐久性のバランスが良く、アウトドアから街着まで幅広く使える汎用性の高さが人気。

脇下に換気用のベンチレーション機能があるピットジップが備わっており、本格的なアウトドアでも活用できる。

ハンドポケットの位置がお腹周りに設置されているので、他のベータシリーズの中では普段使いでもポケットに手を入れる動作でも自然に馴染みやすい。

2024年からはベータライトウェイトジャケットとなってリニューアルするが、まだまだ人気の高性能シェルジャケット。

>>関連記事:【アークテリクス】ベータLT 基本機能が詰まった万能ゴアテックス|レビュー

 

スコーミッシュフーディ/ジャケット

スコーミッシュフーディのDaybreakカラーを着用する画像

アークテリクスの代表的なウインドシェルのスコーミッシュフーディ。

重量は140gと、着用しているのも分からないくらいに重さが気にならない超軽量な仕上がり。

完全防水ではないものの撥水機能があるので、小雨程度なら凌げるスペックがあります。

胸のポケットに押し込む様に収納することができて握り拳大のサイズにまでコンパクトに収納できるので、荷物の中に忍ばせておく事で、いざという時に頼りになる。

フード付きのフーディタイプと、フード無しのジャケットタイプがあります。

\ジャケットタイプはこちら/

詳細は公式オンラインショップへ

>>関連記事:【アークテリクス】スコーミッシュフーディは薄っぺらいのに頼もしい超軽量なウインドシェル|レビュー

 

ソラノフーディ/ジャケット

ソラノジャケットの黒色を着用している画像

風を通さないGORE-TEX INFINIUM™を採用したライトアウター。

撥水機能もあるため、小雨程度であれば濡れることも気になりません。

GORE-TEX INFINIUM™は完全防水ではない分、生地が非常に柔らかくて着心地が抜群。

本格的なアウトドアよりも普段使い・街着を意識して作られた仕様で、シンプルなデザインはファッション性もあり汎用性は抜群。

フード付きのフーディタイプと、フード無しのジャケットタイプがあります。

\ジャケットタイプはこちら/

詳細は公式オンラインショップへ

 

ガンマライトウェイトフーディ/ジャケット

適度な防風性と伸縮性があって着心地がいいソフトシェルのガンマライトウェイト。

ハードシェルまで必要がなくても雨風や低温による体温低下から身体を守ってくれる頼もしいアイテム。

 ガンマシリーズの最軽量モデルは、ちょっとしたハイキングで使いやすく、シンプルなデザインは街中でも違和感なく馴染む使い勝手が抜群な1着です。

重ね着も考慮されたレギュラーフィットのジャケットは、街着でもカジュアルに使いやすい汎用性の高さが魅力です。

フード付きのフーディタイプと、フード無しのジャケットタイプがあります。

 

カディンフーディ/ジャケット

カディンフーディのSolitudeⅡを着用する画像

防風素材のGORE-TEX INFINIUM™を採用したソフトシェル。

ストレッチ性があり、体にフィットするトリムフィットデザインは野暮ったさがなくスッキリ着れて運動性は抜群。

脇下には換気機能があるベントが設定されていて熱気を排出できるので、冷たい風をシャットアウトしつつもオーバヒートを防げる。

丸めて収納できるパッキング性もあり、カナビラやフックに引っ掛けられるループも付いていて収納性も高い。

フード付きのフーディタイプと、フード無しのジャケットタイプがあります。

\ジャケットタイプはこちら/

詳細は公式オンラインショップへ

 

アトムフーディ/ジャケット

アトムフーディーのグレーカラーを着用している画像

アークテリクスの代表的なインサレーションであるアトムシリーズ。

保温性と通気性のバランスを考慮された仕様で、夏場以外の殆どのシーズンで活躍する汎用性が高いモデル。

化繊中綿を使っているため、洗濯機での洗濯も簡単にでききて普段のケアもしやすい。

フード付きのフーディタイプと、フード無しのジャケットタイプがあります。

>>関連記事:【アークテリクス】アトムLT 保温性・通気性・運動性の三拍子揃ったインサレーション

 

ソーヤージャケット

ソーヤージャケットBoxcarカラーを着用する画像

生地には3L GORE-TEX INFINIUM™、保温素材に化繊中綿のコアロフトを採用した、アトムシリーズの上位互換となる存在。

防風素材で冷たい風をしっかりシャットアウトしつつ、化繊中綿で体温のキープと透湿性も兼ね備えている。

アークテリクスのロゴは腕に設置されて目立ちにくく、スポーティー過ぎないシンプルなデザインは街着ファッションとしての馴染みも抜群で普段使いもしやすい。

ハンドポケットに加えて胸にジップ付きポケットがあるので、スマートフォンや貴重品を収納するのにも重宝する。

詳細は公式オンラインショップへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました