【ダイワ】新型24ルビアスの発売日と価格は?フルモデルチェンジで進化した内容も解説

※本ページのリンクには広告が含まれています
ダイワ24ルビアスのアイキャッチ用画像 【お役立ち情報】

2024年も6月となり1年の半分が過ぎたところで、ダイワから新製品の発表がありました。

軽量スピニングリール「ルビアス」が2024年モデルとしてフルモデルチェンジして新登場しました。

ダイワのスピニングリールの中では、特にライトゲームやエギングをされる方に人気の高いこともあり、24ルビアスの登場は非常に注目度が高いです。

・24ルビアスって、どんなリール?
・24ルビアスの発売日と価格は?

・24ルビアスの特徴は何?
・24ルビアスのラインナップは?

この様な疑問を持っている方も多いかと思います。

そんな24ルビアスについて解説すると、次の様な結論になります。

・中堅クラスでありながらイグジストを超える超軽量な仕様

・発売日は2024年8月の予定
・実売価格は実売価格は37,000〜42,000円前後と予想

・フルモデルチェンジでエアドライブデザインを採用
・先代20ルビアスと比較して更なる軽量化を実現

・番手は全12種類のラインナップ

人気リールの24ルビアスについて、更に詳しく解説していきます。

\8月発売の24ルビアス!予約受付中!/

スポンサーリンク

ダイワの人気軽量スピニングリール・ルビアス

24ルビアスのイメージ画像

ダイワのスピニングリールとしては中堅モデルとなるルビアス

中堅機種とはいえ、その実力は上位機種にも迫る物があり、そういった意味でもコストパフォーマンスが非常に高いリールの一つとなっています。

中でも大きな特徴は、歴代ルビアスから受け継がれているリール重量の軽さにあります。

リールを選ぶ基準の一つに軽さは大きな要素となるので、人気のソルトウォーターでのアジングをはじめとするライトゲームやエギング等では好まれる要素になります。

 

24ルビアスの発売日と値段

出典:楽天市場

24ルビアスの気になる発売日は、2024年8月を予定しています。

販売価格はメーカー希望小売価格(税込)513700〜59,950円となっていますので、実売価格は37,000〜42,000円前後になると予想されます。

\8月発売の24ルビアス!予約受付中!/

 

24ルビアスの特徴・技術特性

24ルビアスのイメージ画像

ルビアスというリールの真骨頂は自重の軽さにあります。

24ルビアスでは、先代の20ルビアスと比較しても更なる軽量化に成功しています。

両リールの共通番手としてLT3000で比較すると、20ルビアスが205gに対して24ルビアスは170gと大きく軽量化されています。

更に、ダイワ最高峰のスピニングリール22イグジストの同じくLT3000は180gなので、如何に24ルビアスが超軽量な仕様であることが伺えますね。

これを実現できたのも、24ルビアスに採用されたエアドライブデザインによる恩恵と言えます。

 

エアドライブデザイン

24ルビアス-エアドライブデザインのイメージ画像

 釣り人が求める操作性を追求した次世代スピニングリールの設計思想エアドライブデザイン
4つのテクノロジーで高い操作性を求めています。
  • 巻き出しの軽さを追求しつつ、ライントラブル軽減を目指したエアドライブベール
  • 独自の丸みを帯びた形状で、剛性を維持したまま大幅な軽量化を実現したエアドライブローター
  • キャスト動作と操作性を向上させるエアドライブスプール
  • 摺動抵抗と回転ノイズを徹底的に減らしたエアドライブシャフト

エアドライブデザインを採用した24ルビアスは、より一層のパフォーマンスUPを実現しています。

 

モノコックボディ

24ルビアス-モノコックボディのイメージ画像

ボディに高精度プレートを直接ねじ込み、ドライブギアの両端を支持する機構のモノコックボディ

従来構造のボディとボディカバーで支持する構造では、ボディカバーを数点のネジで固定する必要があり、一体感と剛性感が薄くなります。

ボディカバーの代わりになるプレートをボディにねじ込むことで、一体感と剛性感が高まり、ギアの支持精度が高まるのがモノコックボディの最大のメリット。

また、ボディカバーを止めるネジ部を設定する必要がなくなるので、ボディのスペースを有効活用でき、より大型のギアを組み込むことが可能になっています。

 

タフデジギア

24ルビアス超々ジュラルミンマシンカットタフデジギアのイメージ画像

ギアの大型化と共に、ギアの歯面積を大きくすることで、高い耐久性を実現しているタフデジギア

ギアが大きくなるので小型のリールには不向きでしたが、モノコックボディの利点を活かして小型リールにも搭載できるようになっています。

モノコックボディとの相乗効果で、リール全体の耐久性アップにも大きく貢献。

 

マグシールド

マグシールドのイメージ画像

磁性体オイルを採用したダイワ独自の防水機構マグシールド

ボディとローター、ハンドルベアリング等の回転分に設置し、ボディ内部への水や異物の侵入をシャットアウトする。

そして水との接触機会が最も多いラインローラーにもマグシールドを採用し、ベアリングの耐久性を大きく向上させています。

 

ZAION

ZAIONのイメージ画像

カーボン素材の特徴を最大限に活かしたダイワ独自の高強度・軽量素材となるZAION
その特徴を活かしてリールの強度を保ちながら軽量化を図る為にダイワリールとして必要不可欠な素材となっています。
24ルビアスでは、ZAIONをボディとローターに採用することで、リールの軽量化に大きく貢献しています。

 

ATD TYPE-L

ATD TYPE-Lのイメージ画像

魚の引きの強弱に合わせて滑り出しがスムーズになるATD

急激な突っ込みには早く応答し、魚が走り続けると適度に負荷がかかってブレーキングとして働き、オートマチックにファイトできる面白いドラグ機構

そのATDを、よりライトライン向けにチューニングされたのがATD TYPE-Lです。

ライトゲームで出番が多いLT2000S-P~LT4000-XHを対象にATD TYPE-Lが設定されています。

 

ATD(TOUGH)

ATD-TOUGHのイメージ画像

ATDをライトライン向けにチューニングされたTYPE-Lに対し、ATDに耐久性の高いカーボンワッシャーを採用したのがATD(TOUGH)
強烈な引きでドラグを出され続けても高い耐久性で踏ん張りが効くので、大型魚とのファイトも安心して集中することができます。
パワーゲームの出番が多いLT5000D-CXHを対象にATD(TOUGH)が設定されています。

 

ロングキャストABS

ロングキャストABSのイメージ画像

ラインが放出される際にスプールエッジに接触する抵抗を軽減させるABSⅡを進化させたのがロングキャストABS

接触する接点位置を変更して、よりスムーズなライン放出を実現。

従来のABSⅡよりも飛距離とトラブルレスを向上させています。

 

24ルビアスは全12種類がラインナップ

24ルビアス-番手別ジャンル分け表の画像

24ルビアスはの番手は、番手はLT2000〜LT5000までの全12種類

対象魚種も、アジ・メバル等のライトゲームから青物類を狙うライトジギングまで、実に幅広く対応できるラインナップが揃っています。

リールの特徴でもある軽量性を活かしたLT2000〜LT3000の番手でラインナップが充実しています。

【24ルビアス 番手別スペック表】

品番 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
ギア比 最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ベアリング数
BB/ローラー
LT2000S-P 145 5 4.9 64 9/1
LT2000S-H 145 5 5.8 76 9/1
LT2500S 150 5 5.1 72 9/1
LT2500S-DH 165 5 5.1 72 10/1
LT2500S-XH 150 5 6.2 87 9/1
PC LT2500 170 10 5.2 73 9/1
PC LT2500-H 170 10 5.7 80 9/1
LT3000 175 10 5.2 85 9/1
PC LT3000 205 10 6.2 77 9/1
PC LT3000-XH 205 10 5.2 93 9/1
LT4000-XH 215 12 6.2 99 9/1
LT5000D-CXH 225 12 6.2 105 9/1
※品番から各番手の楽天市場商品へジャンプできます。

まとめ:24ルビアスの特徴や価格と発売日について

歴代ルビアス一覧の画像

急遽発表されたダイワの24ルビアスについてのまとめです。
  • 中堅クラスでありながらイグジストを超える超軽量な仕様
  • 発売日は2024年8月の予定
  • 実売価格は実売価格は37,000〜42,000円前後と予想
  • フルモデルチェンジでエアドライブデザインを採用
  • 先代20ルビアスと比較して更なる軽量化を実現
  • 番手は全12種類のラインナップ

20ルビアスから大きく進化を遂げた24ルビアスを待ち望んでいたファンも多いと思います。

更なる軽量化により操作性や感度といった様々な恩恵を体感できる24ルビアスで、今よりもレベルUPを図れること間違いなしでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました