【アークテリクス】ePEメンブレンでシリーズ最軽量となったベータライトウェイトジャケットを解説

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

2024年にベータLTジャケットが新素材を採用してリニューアルしました。

名前も「ベータライトウェイトジャケット」へと一新し、性能面でも大きく向上しています。

アークテリクスのゴアテックスシェルの中でも人気の高いモデルなだけに、ファンの方からも注目度が高まっています。

今回のリニューアルでは次のことが大きく変更されています。

  • 「ePEメンブレン」で軽量化しベータシリーズで最軽量に
  • 裏地の変更で着心地も向上
  • 内ポケットの追加で収納力もUP
  • ハンドポケットの位置が変更しアウトドア向きに

新しくなったベータライトウェイトジャケットについて解説していきますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

新しくなったベータライトウェイトジャケット

2024年モデルのベータライトウェイトジャケットChlorisカラーを前開けて着用している画像

・概要
・スペック

2024年の春夏モデルから、ベータライトウェイトジャケットとベータジャケットの2種類がアップデートしました。

新しくなったベータライトウェイトジャケットを見ていきましょう。

 

概要

アークテリクスの万能タイプのゴアテックスシェル「ベータ(β)」シリーズの一つであるベータライトウェイトジャケット

今まではベータLTジャケットとしてのラインナップでしたが、名前を一新してベータライトウェイトジャケットとなって2024年リニューアルしました。

生地素材に使われているのは完全防水を謳うゴアテックスですが、中核となるメンブレンをフッ素を含まないFPCフリーの「ePEメンブレン」に一新しました。

環境面での配慮もしつつ、強度は従来のメンブレンと変わらず軽量化がされており、性能面でも大きく向上しています。

【商品説明】
山岳環境に対応する、ベータ最軽量のベータ ライトウェイト ジャケット。軽量性やコンパクトな収納性を損なうことなく、完全な防水・防風性と透湿性を実現するために、入念にデザインされた汎用性抜群の一着です。使用している革新的なゴアテックスePEメンブレンは、軽量で強度に優れたPFCフリーの素材です。C-KNITバッカーテクノロジーを採用し、ストレスフリーな着心地と優れた透湿性を実現しています。ヘルメット対応のStormHoodは、視界を犠牲にすることなくプロテクションを発揮。ベンチレーション用のジッパーと、探索性を高めるRECCOリフレクタを備えています。 二酸化炭素排出量を削減する、強度に優れた軽量ゴアテックスePE素材でアップデートしました。
引用:アークテリクス公式ベータライトウェイトジャケット

スポンサーリンク

 

スペック

商品名 ベータライトウェイトジャケット
素材 3レイヤー40DゴアテックスePEメンブレン
フィット トリムフィット
サイズ XS-XXL
重量 約340g
カラー Iola/Black/Chloris

スポンサーリンク

 

ベータライトウェイトジャケットにリニューアルしてからの変更点

ベータライトウェイトジャケットのBlackカラーのイメージ画像

出典:アークテリクス公式ベータライトウェイトジャケット

・「ePEメンブレン」で従来品よりも軽量化
・裏地の変更で着心地が向上
・内ポケット追加で収納性UP
・両サイドのポケット位置の変更

ベータLTジャケットからベータライトウェイトジャケットへリニューアルしたことで、変更点がいくつか出てきています。

ベータLTジャケットについてはレビュー記事もありますので、気になる方はそちらを参照してください。

>>関連記事:【アークテリクス】ベータLT 基本機能が詰まった万能ゴアテックス|レビュー

\まだまだ現役の従来モデル「ベータLTジャケット」!/

 

「ePEメンブレン」で従来品よりも軽量化

GORE-TEXプロダクトのePEメンブレンのイメージ画像

新しいゴアテックスの「ePEメンブレン」は強度はそのままで軽量化できており、ベータライトウェイトジャケットはベータLTジャケットと比べて395gから340gへと55gの軽量化に成功しています。

従来のベータLTジャケットでも400gを切る軽量な仕様でしたが、素材の一新で軽量化したことで同時リニューアルしたベータジャケットよりも軽くなり、ベータシリーズでは最軽量となりました。

 

裏地の変更で着心地が向上

2024ベータライトウェイトジャケットの裏地画像

ベータLTジャケットでは生地の裏地はトリコットバッカー(織物調)でしたが、リニューアルしたベータライトウェイトジャケットではベータジャケットに採用されていたGORE® C-KNIT™ バッカーを採用しています。

トリコットバッカーよりも触り心地と肌離れが良好なGORE® C-KNIT™ バッカーで、行動中に汗ばんできた時でも生地にベタつく感じが軽減され、袖通しもよくなるので着心地が非常に向上します。

 

内ポケット追加で収納性UP

2024ベータジャケット・ベータライトウェイトジャケットの内ポケット画像

ベータLTジャケットでは外側のハンドポケットに当たるポケットが2箇所だけの仕様でしたが、ベータライトウェイトジャケットからは内側にセキュリティポケットが1箇所追加されました。
ベータジャケットと同じ仕様のポケットが採用され、収納力が向上しました。

両サイドのポケット位置の変更

2024ベータライトウェイトジャケットのBlackカラー着用で、フードを被ってハンドポケットに手を突っ込んでいる画像

ベータLTジャケットでは、両サイドにあるハンドポケットはお腹周りくる高さでしたが、ベータライトウェイトジャケットでは、バックパックのウエストハーネスを締めても干渉しない肋周りの高さに位置を変更しています。

こちらもベータジャケットと同じ仕様で、アウトドアでの行動中の使い勝手を考慮された仕様変更となりました。

スポンサーリンク

 

まとめ

新しくなったベータライトウェイトジャケットでは、次の点がリニューアルされました。

  • 「ePEメンブレン」で軽量化しベータシリーズで最軽量に
  • 裏地の変更で着心地も向上
  • 内ポケットの追加で収納力もUP
  • ハンドポケットの位置が変更しアウトドア向きに

アークテリクスの人気モデルのリニューアルで注目されているだけに、楽しみにしていた方にとっては待ち侘びたことでしょう。

触れる機会がありましたら手に取ってみて、リニューアルして進化したポイントを体感してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました