【ワークマン】防水防寒ブーツ・ケベックNEOを4年間使ってみた正直な感想|レビュー

※本ページのリンクには広告が含まれています
【ワークマン】

釣り場でも気兼ねなく使える防寒シューズ・防寒ブーツは何かないかな…

冬場の釣りや、どうせなら普段使いもできそうな防寒シューズ・防寒ブーツを探していました。

釣具メーカーやアウトドアブランドからも防寒シューズ・ブーツ類は出ているのですが、お値段もソコソコ高いものもあり、ソールの消耗で定期的に買い替えることを考えると手が出しづらい。

そこで目をつけたのが、低価格で高機能なアイテムを取り扱っているワークマン

ラインナップも豊富で、冬場に活躍する防寒シューズ・ブーツ類も取り扱っています。

そのワークマンの防寒ブーツとして、見るからに暖かそうな防水防寒ブーツのケベックNEO(ネオ)という商品を見つけました。

・防水防寒で冬場はバッチリ
・お値段2,900円とリーズナブルなのに高機能
・気兼ねなくガンガン使える

この記事は、そんなワークマンから出ている防水防寒ブーツのケベックNEOを4年間使い込んだレビューです。

実際に使ってみて良かった点やイマイチだった点など、正直に話します。

ワークマンの防水防寒ブーツ・ケベックNEOについて気になっている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ケベックNEOを4年間使ってみた感想

4年使い込んだ初代ケベックNEO

現在使っているケベックNEOは、2019年に初代として登場したモデルです。

普通のケベックよりも中綿量が多く、防水性も向上しており、防寒ブーツ・ケベックの強化版として真冬に使うことを想定されています。

お値段も驚愕の2,900円(税込)、機能が沢山詰まっている割には低価格。

選んだカラーはホワイト系のカモフラ柄。

防寒ブーツ系は他社のブランドでもダーク系のカラーばかりだったりするので、ホワイト系のラインナップがあるのも嬉しいポイントでした。

ダーク系カラーのコーディネイトが多くなる冬物の中に明色の白を取り入れられるので、非常に気に入っています。

主に釣り用の防寒ブーツとしての使用を想定して購入しましたが、その他にも積雪時の普段使い等で、幅広く活躍してくれました。

スポンサーリンク

 

4年間使い込んだソール

4年使い込んだケベックNEOのソール底面です。

ソールの素材は低温時でもグリップ力を確保するために柔らかめのゴム質の素材が使われています。

雪のない時でも使っていたので、グリップ力を高めるギザギザ形状の部分は角が殆どなくなってました。

アスファルトの上でしたら、もう少しつかえるでしょうが、アイスバーンのような凍結路面ではそろそろ不安になる頃合いです。

 

買い換えた2023年モデル

2021〜2022年モデルではホワイト系のカラーが一時期外されていたと覚えていますが、2023年モデルからはホワイト系カラーが復活しました。

ホワイトフォグというカラーで、うっすらとカモフラ調にも見えるカラーで比較的シンプルな仕様。

初代のカラーよりも洗礼された感があり気に入りました。

所持している初代のサイズ感やソールの減り具合も考慮して、この機に入れ替えで購入することにしました。

機能もUPしていて、お値段据え置きの2,900円のままです、実に良心的

 

初代2019年モデルと2023年モデルの比較

初代と比較してみましたが、2023年モデルの方が生地感が柔らかい仕様になっています。

柔軟性が増しているので、履き心地も良くなって足首周りの可動性がUPしているので快適性が向上しています。

新しいケベックNEO、なかなかカッコイイです。

スポンサーリンク

 

新しく追加されている防臭機能

新しくなったケベックNEOのインソールに抗菌防臭加工が施されているものが採用されていました。

私が購入した初代モデルには無かった機能だと思います。

防寒シューズ系は蒸れやすくなるので、防臭加工が施されているのはありがたいですね。

価格を抑えているのに機能モリモリで、どうやったらこんなの作れるんでしょうか。

 

ケベックNEOのイマイチだった点

サイズ選びで注意が必要

ケベックNEOは防寒性を高めるために、中綿量が多い仕様になっています。

その為、履いた時に中綿のボリューム感で足が締め付けられる感触があります。

私は普段25.5cmサイズのスニーカー等を履いているので、サイズ感だけで考えればLサイズ辺りが適正サイズになるのですが、初代を購入した時はLサイズでも締め付け感が強いのでLLサイズにしました。

LLサイズで靴下1枚だけなら丁度イイ感じです。

普段使い程度ならコレでいいのですが、長時間の釣りに使う場合は保温力が足らず、暖かいインソールを追加したり靴下2枚ばきして対応しています。

そうすると、LLサイズでも締め付け感が強目になり、ずっと触れているケベックNEOからジワジワと冷たさが伝わってきました。

 

その点も考慮して、買い換えた2023年モデルは4Lサイズにしました。

履いた時にゆとりが十分できたので、インソール追加靴下2枚ばきでも十分対応できそうです。

実際に購入する際は、試し履きして履き心地を確認しましょう。

 

必ず試し履きしてみてね。

 

ピッタリサイズよりも、少し大きめがオススメ。

 

ソールとの継ぎ目が弱い

初代ケベックNEOでのことですが、防水仕様になっているものの長時間雨雪の中で使用していると何時からか靴底付近がシットリ濡れている感触に襲われるようになってきました。

よく観察してみると、ソールと中綿生地部との継ぎ目が浮いて隙間があるように見えました

ソールと生地との縫製が甘いせいか、何時からか隙間ができて水がジワジワと染み込んでくるようになっていたんですね。

よく乾燥させてから、アウトドア用品用の防水接着剤で埋めて補修しておきました。

使った接着剤はコレ↓、ゴアテックスの補修にも使えるものです。

低価格で作られている分、細かなところで縫製の弱さが浮き彫りになった瞬間でした。

新しいケベックNEOでも同様のことが発生するか、これから使いながら経過観察していきます。

 

ケベックNEOの良かった点

傷みや汚れを気にせずガンガン使える

オシャレな防寒ブーツ類は、汚れたり傷んだりすることが気になって使うシーンを選びがちになってしまいます。

ケベックNEOなら値段も安いので、汚れたり痛んだりすることを気にせずガンガン使えます。

ケベックNEOに近いオシャレな防寒ブーツの代表として、ノースフェイスのヌプシブーティーなどが上げられます。

お出かけ用のオシャレな防寒ブーツとは別に、普段使い用や汚れ作業用としてケベックNEOを準備して使い分けると良いですね。

 

とにかくコストパフォーマンスが抜群!

ケベックNEOは防水・防寒・防臭と機能盛りだくさんなのに価格が2,900円とコスパ抜群の仕様です。

大手の釣具メーカーやアウトドアブランドで同じような機能性の防寒シューズのものを探そうとすると、最低でも1万円台になるところなので、ケベックNEOは非常にリーズナブル。

シューズ類はソールが減ってくると買い替えを余儀なくされるので、気兼ねなく買い替えできるのもありがたい。

なんだかんだでシューズ類は消耗品、気兼ねなく買い換えできるのは魅力的。

スポンサーリンク

 

ケベックNEOの口コミ評判

ワークマンのケベックNEOのサイトに記載されている口コミ評判です。

星4以上の評価で、殆どの方が高評価をつけています。

>>詳しい口コミを見たい人はこちら

 

スポンサーリンク

 

ケベックNEOはこんな人にオススメ

釣り用の防寒ブーツが欲しい人にオススメ

私自身が、このテーマで探していた中で手にしたのがワークマンのケベックNEOだったので、この点に関しては非常にオススメできますね。

釣具メーカーアウトドアブランドから出ている防寒ブーツの性能が良いのは分かってはいるものの、ちょっと値段が高めだったり、汚れが気になったりするのが引っかかる点でもあります。

更に言うと、寒さの厳しい季節にする釣りを今後も続けていけるのか?と言う点もあり、消耗の激しくなると予想されるアイテムに投資するのにも躊躇しちゃってました。

その点、防水性防寒性がありながら安価に手に入れられるワークマンのアイテムだからこそ、手を出し難いジャンルでの初見チャレンジにもピッタリでした。

冬の釣りを断念することになっても損失も少ないですし、もう少し込み入ったところまで追求したくなったら釣具メーカーやアウトドアブランドの本格的なアイテムにステップアップもできます。

消耗してきても気兼ねなく買い替えもできますし、ケベックNEOは汚れてなんぼの釣り用にもピッタリです。

 

汚れも気にせず使える防寒ブーツが欲しい人にオススメ

防寒ブーツを使うシーンは、オシャレしてお出かけする場合だけではないですね。

寒い中でする外仕事、雪が多い地域では雪かき作業で汚れてしまう、この様な時にお気に入りの防寒ブーツでは汚れることが気になって仕方ないです。

安くても防水がしっかり効いて暖かいケベックNEOなら、そんな汚れちゃう場面でも気兼ねなく使えるのが嬉しいポイント。

ケベックNOEが気に入ってオシャレ用にも使いたいのであれば、安いですから汚れ作業用にもう1足分追加するのも苦にならないでしょう。

 

まとめ

ワークマンのケベックNEOについて、私が4年間使い込んでみた実体験を語らせていただきました。

実際に使ってみたところ沢山の恩恵を感じましたし、防寒ブーツを探している方にもオススメできる一品です。

・防水防寒で冬場はバッチリ
・お値段2,900円とリーズナブルなのに高機能
・気兼ねなくガンガン使える

安くて気兼ねなく使えるのはケベックNEOの魅力の一つ。

普段使いや汚れ作業にも気兼ねなく使えるので、気にせず使うにはもってこいのアイテムです。

機能も充実・コスパが高い・気にせず使えるケベックNEOは、そんな意味では最強の防水防寒ブーツといえますね。

防寒ブーツを探している方は、沢山ある中の選択肢としてケベックNEOを考えてみてください。

 

【ワークマンの関連記事はこちら】

>>関連記事:ワークマンのメリノウールインナーが最高過ぎて手放せなくなる5つの理由

>>関連記事:【ワークマン】暑さも防げてUV対策もできちゃうリペアテック(R)超軽量×遮熱シェルジャケット

>>関連記事:【ワークマン】コスパ抜群のメリノウール靴下を3年使い込んだ感想【体験談】

>>関連記事:【ワークマン】メリノウールTシャツ コスパ抜群な高機能Tシャツでアンダーウエアにもピッタリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました