【アークテリクス】使い勝手抜群の保温アウター! アトムARフーディー 使用感とレビュー

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

保温着としてはダウンジャケットが一般的。

軽くて暖かいので冬場は重宝しますが、その分お手入れが大変だったり高価な物が多かったりします。

ダウンと同じく保温素材として挙げられるのが化繊中綿。

ダウンほど軽くは無いものの、

・濡れによる保温力の低下が少ない
・自宅で洗濯できて手入れが簡単
・ダウンよりは比較的安い

これらの様なメリットも沢山あります。

化繊中綿の保温着として大人気なのがアークテリクス・アトムARフーディーです。

この記事では、保温アウターの一つとしてお気に入りのアトムARフーディーについてレビューします。

アトムARフーディーが気になっている方がいらっしゃったら、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

アウトドアでも街着でも使いやすいアトムARフーディー

概要

アトムARフーディーを含むアトム(Atom)シリーズは、アークテリクスのインサレート(中綿)ジャケットの一種になります。

噂ではアトムシリーズはアークテリクスの社員さんが全員所持している、と言われているほど人気のあるシリーズです。

アトムARの「AR」というのはグレードのことを表し、「AR」はオールラウンドの意味で、アウトドアから街着まで幅広いシチュエーションで使用できます。

アトムARには、フード付きのフーディーとフードなしのジャケットの2種類があります。

中綿には、コアロフトというアークテリクス独自開発の化繊中綿が使用されています。

アトムARには、このコアロフトを体の部位によって厚みの違うものが採用されています。

胴体周りは厚めのコアロフトが、腕周り等の可動域や熱がこもり易い所は薄めのコアロフトが採用されています。

 

外観

フード部

フード部にはドローコードがあり、フード口の大きさを調整できます。

また、ドローコードの紐が内側に付いているので、外部でブラブラしないのもいいですね。

 

脇下

更に脇の部分には通気性の良い素材が使われていて、熱気がたまり易い脇部から効率的に熱を逃がし易くなってます。

 

腕の袖口はベルクロ仕様ではなく、ジャージニットの様な仕様になっていおり、手首のフィット感がとても良く隙間風の侵入も防いでくれます

 

ハンドポケット

ハンドポケットは内側にフリース生地が使われており、手を入れた時に手の甲部にフリースが当たって暖かいです。

 

内ポケット

右の内側にもポケットがあり、長財布くらいの大きさのものならスッポリ入ります

収納性の面も使い勝手が良さそうですね。

 

裾の内側に左右それぞれドローコードも付いており、下からの冷気が入りにくく調整できる様になっています。

色々と作り込みが拘っていますね。

アウターとしては勿論ですが、中間着としても使える使用になっています。

 

アトムARフーディーの特徴(メリット)

・汎用性の高さ
・着心地の良さ
・比較的軽量
・見た目がスッキリ
・濡れても保温性が安定
・普段のお手入れが簡単
・パッカブル仕様での収納性

 

・汎用性の高さ

使用時期は晩秋〜春先の比較的寒い時期がメインになります。

街着としてはアウターとして、アウトドアでは保温用の中間着〜アウターとして、幅広く使えるシーンが多いです。

また、ポケット類もハンドウォーマー機能付きのハンドポケット貴重品を安心して収納しておける内ポケットがあり、使い勝手も抜群。

 

・着心地の良さ

生地には軽量で防風・撥水性に優れるヨーノ30という30デニール生地が採用されています。

厚すぎない生地感で柔軟性も高いので、柔らかくてアウター感が薄く、着心地も良好です。

また、袖口のジャージニットのような素材のお陰で手首のフィット感も良く、締め付け感がなくて暖かいです。

 

・比較的軽量

重量は475gとアンダー500gになっており、ダウンとは比べられないものの、中綿のアウターにも使えるフーディーとしては比較的軽量な方です。

 

・見た目がスッキリ

ダウンジャケットだと、見た目がどうしてもモコモコしちゃいますが、Atom ARはモコモコ感がなくスッキリしたデザインになってます。

このスッキリさのお陰で、中間着としての仕様もできるようになっています。

中間着としてアトムARを着て、その上からゴアテックス等のハードシェルを重ね着することで、悪天候で低温の屋外でも長時間過ごせることもできちゃったりします。

 

・濡れても保温性が安定

ダウンの場合、濡れてしまうとダウンが萎んでロフト量がなくなり、保温力が低下してしまいますが、中綿のアトムARは濡れても萎まないのでロフト量も減らずに保温力をキープできます。

 

・普段のお手入れが簡単

防寒着としては暖かさはダウンの方が優れていますが、ダウンの多くは汚れたりした時の洗濯が難しかったりします。

ダウンは下手な洗濯ダメになることもありますが、アトムARは中綿なので、洗濯も気を使わずにできます

手洗いどころか、洗濯機で洗濯もできるので、気軽に洗濯できるのが嬉しい仕様です。

 

・パッカブル仕様での収納性

アトムシリーズは、軽量ライトダウンの様にパッカブルに収納することができます。

アトムARの場合は、クルクルと丸め込んだ後にフードに押し込む様にすることでコンパクトに収納できます。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

アトムAR フーディーの難点(デメリット)

・本格ダウンと比べて保温力は劣る
・値段
・サイズ感
・パッカブル収納時に嵩張る
・顎周りに気を使う

 

本格ダウンと比べて保温力が劣る

アトムARは十分に暖かいのですが、本格ダウンと比べたら保温力はかないません

「暖かい」という表現よりも「寒くない」という表現の方がアトムシリーズに当てはまるのではないでしょうか。

 

値段


値段が4万円近くするので、中綿ジャケットして考えると少し高めになります。

何年も長く着用するつもりであればコスパは良くなるので問題ありませんが、毎シーズンにこの手の中綿ジャケットを買い替える様な方には向いてないかもしえれません。

 

サイズ感

アトムARはレギュラーフィットデザインという重ね着もできる様な少し余裕のあるサイズ感のデザインになっています。

海外企画のため、日本企画の物と比べて1サイズは大きい仕様になっています。

購入する際は、表記のサイズより1サイズ小さい物を選ぶのが無難だと思います。

 

パッカブル収納時に嵩張る

あくまでライトダウンと比較した際ですが、パッカブル収納時はダウンほどコンパクトにまとめきれないので、収納時に場所をとります。

その様なシーンはアウトドア時が殆どかと思いますが、本当に荷物をミニマムにしたい方は気になるポイントかと思います。

 

顎周りに気を使う

ジャケットの顎周りの内側は外側と同じ生地感になっています。

特に男性に言えることですが、顎髭で擦れて毛玉ができてくる恐れがあります。(その様なレビューも見かけました)

ハードシェル系にある様な、内側にチンガードの様な装備が欲しかったですね。

アトムARに採用されているヨーノ30という記事は、耐摩耗にはあまり強く無い印象です。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

アトムARフーディーがおすすめの人

・洗濯が簡単な防寒着が欲しい人
・スマートな防寒着が欲しい人
・車等の乗り物移動が主体の人

 

洗濯が簡単な防寒着が欲しい人

防寒用アウターは何かと手入れに気を使うことが多いと思いますが、洗濯機でも洗えるくらいお手入れが簡単なので、使い易さとしても大きなポイントだと思います。

気軽に自宅で洗濯できて、お手入れ簡単。

 

スマートな防寒着が欲しい人

ダウンの様なモコモコ感が好きではない人もいらっしゃると思います。

スッキリとした見た目でも暖かく着れるアトムARフーディーはそんな人にはピッタリかと思います。

着膨れ感が苦手な人なら、スッキリな見た目のアトムARはオススメ。

 

車等の乗り物移動が主体の人

軽い着こなしと程よい保温力を生かして、外に長時間いるよりも車等の乗り物で移動する人には、使い勝手が良くてオススメです。

車でのお出かけがメインなら、分厚いダウンは動きにくいし暑くなりがち。

 

アトムARなら程よく暖かくて運転もし易いのでオススメ。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

2023FWモデルからアトムヘビーウエイトフーディーに名称が変更

2022年頃から、アークテリクスのアイテムで名称変更の動きがみられる様になりました。

アトムシリーズでも2023FW秋冬モデルから名称が変更になります。

✔︎アトムARフーディー → アトムヘビーウエイトフーディー

名称は変更になりましたが、ジャケットの仕様に至っては変更ありません。

2023年モデル以降でアトムARフーディーが欲しい方は、アトムヘビーウエイトフーディーを選んでいただいて全く問題ありません。

楽天市場「アトムヘビーウエイトフーディー」へはこちらから

Amazon「アトムヘビーウエイトフーディー」へはこちらから

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

アトムARフーディーまとめ

機能性も沢山あって使い勝手のいいアトムARフーディー、アークテリクスの社員さんが全員所持している、と言われても納得がいきます。

難点を幾つか挙げましたが、値段以外は正直難点と言わなくてもいいくらいです。

1着は持っておいても損はない、非常に優秀なアウターだと思います。

楽天市場「アトムARフーディー」へはこちらから

Amazon「アトムARフーディー」へはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました