【アークテリクス】アトムLTとアトムAR どっちがイイ問題への回答

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】
アークテリクス人気の化繊中綿インサレーションであるアトムLTフーディーアトムARフーディー(以下フーディーは省略)は、どちらも優れた保温性と軽量性を兼ね備えたモデルです。
しかし、両者にはいくつかの違いがあります。
どちらも人気のシリーズですが、一体どちらを選べばイイのか?悩んでいる方が多いと思います。
アトムLTとAR、結局どっちを選べばいいんだろう…

それぞれコンセプトが違うので、理想的には両方持って適した時期に着分けることです。

ですが、どちらかしか選べない方も多いので、選び方には慎重になってしまいますね。

この記事では、アークテリクス・アトムシリーズのアトムLTとアトムARについて、両方持っている私が実際に使用して比較してみた感想を伝えます。

アトムLTとアトムARの違いについて詳しく解説し、どちらのモデルが自分に適しているかを判断するポイントを紹介します。

結論から言うと、それぞれの使い分けとしては次の通りです。

アトムLT → アウトドア・スポーツ等での行動中の保温着として推奨

アトムAR → あまりアクティブには動かない時・街着での保温着として推奨

この様に分けて頂ければ間違いないかと思います。

この記事を読んで頂ければ、本当にどちらを選べばイイかが判断できると思いますので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

アトムシリーズについて

アークテリクスのアトムシリーズは、耐候性のある化繊中綿を使用した保温着のシリーズです。

保温性・耐久性・携帯性に優れた人気のシリーズで、噂でですが、アークテリクスの社員さんが必ず所持していると言われるほどの品です。

アトムシリーズの中にもグレードがあり、「SL」「LT」「AR」の3種類があります。

それぞれのグレードの意味は以下の通りです。

SL=スーパーライト LT=ライト AR=オールラウンド

この3種類のグレードにより保温性が異なっており、SL < LT < AR の順で保温性が高くなっていきます。

また、それぞれのグレードで「フーディー」「ジャケット」「ベスト」、一部で「アノラック」のタイプがあり、バリエーションが豊富です。

関連記事:【アークテリクス】アトムLT 保温性・通気性・運動性の三拍子揃ったインサレーション

【アークテリクス】アトムLT 保温性・通気性・運動性の三拍子揃ったインサレーション
アークテリクスの人気アイテム、アトムLTフーディーについての感想とレビューです。使用時期と用途が幅広い人気のアトムLTの特徴やオススメ等を紹介・解説します。アトムLTはどんなジャケットなのか?気になっている方は参考にしてください。

関連記事:【アークテリクス】使い勝手抜群の保温アウター! アトムARフーディー 使用感とレビュー

【アークテリクス】使い勝手抜群の保温アウター! アトムARフーディー 使用感とレビュー
アークテリクスの人気アイテム、アトムARフーディーについて、実際の使用感の感想とレビューです。冬場にアウターとしても使い勝手が抜群なアトムARの特徴やオススメを紹介しています。

 

LTとARの違い

スペックの比較

アトムシリーズのそれぞれのグレードによるフーディーモデルのスペックの違いがこちらです。
今回は紹介していませんが、SLのスペックも合わせて表に記載します。
評価は星5段階でつけてみましたので、参考にしてみてください。
 SLLTAR
保温性⭐️☆☆☆☆⭐️⭐️☆☆☆⭐️⭐️⭐️☆☆
中綿量⭐️☆☆☆☆
(コアロフト40)
⭐️⭐️⭐️☆☆
(コアロフト60)
⭐️⭐️⭐️⭐️☆
(コアロフト120)
防風性⭐️⭐️☆☆☆
(生地:ヨーノ20)
⭐️⭐️☆☆☆
(生地:ヨーノ20)
⭐️⭐️⭐️☆☆
(生地:ヨーノ30)
重量⭐️⭐️⭐️⭐️☆
(260g)
⭐️⭐️⭐️☆☆
(365g)
⭐️⭐️☆☆☆
(475g)

着用時期

それぞれの着用時期ですが

LT:1〜5月、10月〜12月 (6〜9月以外、冬季は単体のアウターよりも中間着として推奨)
AR:1〜4月、11月〜12月 (5〜10月以外)

大まかに、この様な印象です。

着用時期を考えると、アトムLTの方が長く使えるんだね。

それぞれの特徴

LTとARを比較して、私なりの見解ですが

LT:保温性・運動性・通気性のバランスが取れている

タウンユースでも使えるが、どちらかと言えばアウトドア重視で、行動着としての使い勝手が重視されている。

AR:保温性を重視している

アウトドアでのミドラーとしての保温着、タウンユースでのアウター使いと、使用できる幅が広い。

 

外観の比較

フード部

細かな外観の違いですが、フード部にも違いがあります。

LTのフードは、開口部がゴム使用になっていて、調整なしでフィット感が高まる様になってます。

 

ARのフードは、上の所にツバが設置されています。 不意の雨雪に降られても、ツバが防いでくれて視界が確保しやすくなってます。

また、開口部はドローコードで調整する仕様になっています。

 

生地表面

表の生地感も、左のLTは滑らかな質感ですが、右のARは格子状のリップストップ系の外観になっています。

また、私のLTは旧モデルのため、アークテリクスのロゴはプリント仕様です。

最近のモデルは、右のARの様にロゴは刺繍仕様になっています。

 

スポンサーリンク

 

どっちがオススメか【失敗しないための選び方】

まず、アトムLTとアトムARの大まかな使い分けとしては次の通りです。

アトムLT → アウトドア・スポーツ等での行動中の保温着として推奨
アトムAR → あまりアクティブには動かない時・街着での保温着として推奨

どちらがオススメか?という問題に関しては、使う人の好み・体質によって異なるので、非常に難しい点です。

もし、アトムシリーズを一つしか購入できない!という縛りがあるのであれば、LTの方がオススメです。

LTの方が着用できる期間が長いというのが最大の決め手で、真冬は単体アウターとしては厳しいですが、LTの上にシェルジャケットを着用して雨・雪・風・冷気の対策を行えば真冬でも対応できます。

ARC’TERYX アークテリクス アトム AR フーディ ATOM AR HOODY RELIC 24105 アウトドア ハイキング

 

2023FWモデルから名称変更

2022年頃から、アークテリクスのアイテムで名称変更の動きがみられる様になりました。

アトムシリーズでも2023FW秋冬モデルから名称が変更になります。

✔︎アトムLTフーディー → アトムフーディー ✔︎アトムARフーディー → アトムヘビーウエイトフーディー

名称は変更になりましたが、ジャケットの仕様に至っては変更ありません。

2023年モデル以降でアトムLTフーディーが欲しい方はアトムフーディーを、アトムARフーディーが欲しい方はアトムヘビーウエイトフーディーを選んでいただいて全く問題ありません。

 

まとめ

アトムLTフーディーアトムARフーディー、それぞれの選び方を解説しました。

ただ、極論を言うと、両方持ちましょう!です。

あえて一つだけ、という縛りでLTをオススメしましたが、比率的にはLT:AR=6:4くらいの割合です。

ご自分の目的に合わせてピッタリのアトムはどれか、是非参考にしてみてください。

【関連記事】

>>関連記事:【アークテリクス】タウンで活躍するおすすめインサレーションまとめ|2023冬-2024春

コメント

タイトルとURLをコピーしました