【アークテリクス】タウンで活躍するおすすめインサレーションまとめ|2023冬-2024春

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

寒さが厳しい時期には、暖かいアウターが手放せません。

暖かいくて見た目もかっこいいアウターを求めている方も多いでしょう。

今回紹介するのは、機能性と高いファッション性から近年注目を集めているアークテリクス

アウトドアブランドならではのノウハウで、本業のアウトドアは勿論タウンユースでも使いやすいアイテムが揃っている。

そのアークテリクスの中からタウンユースの街着で使いやすいダウン中綿を使用した保温力の高いインサレーションのアイテムを分かりやすくまとめて紹介します。

は勿論、春先まで使えるアイテムも多く揃っています。

今からでも使えるアークテリクスの保温アイテムを探している方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

アトムヘビーウエイトフーディー

旧名アトムARフーディで知られる、アークテリクスの化繊中綿アトムシリーズの最も暖かいモデル。

アークテリクス独自素材の化繊中綿コアロフトを部位別に最適化して配置。

ボディ周りは保温性重視の厚いコアロフト120を、腕周りなどの可動域では動きやすさを重視した薄めのコアロフト60〜80を配置して、保温性と運動性を両立している。

重量は475gと軽量で、立体構造パターンで裁断されたデザインで着心地も抜群

生地には軽量性と防風性に優れているTyono™ 30 シェルで、撥水処理もされているので軽度な雨程度ならシッカリ弾いてくれる。

元々はアウトドアでのアクティビティ向けのアイテムだが、すっきりしたシルエットのデザイン性と高い保温性が好評で街着としての愛用者も多い大人気の1着。

化繊中綿を使用しているため、気軽に洗濯できて手入れもしやすい

ミッドレイヤーとしてもライトアウターとしても使え、だけでなく春秋の肌寒い時期でも使いやすく幅広いシーズンに活躍

>>関連記事:【アークテリクス】使い勝手抜群の保温アウター! アトムARフーディー 使用感とレビュー

 

エプシロンインサレーテッドフーディー

シンプルで機能的なデザインのインサレーテッドフーディー。

アークテリクス独自素材のの化繊中綿コアロフト80を採用し、保温性と通気性を両立している。

生地にはソフトシェル素材のAequora Airperm™ を採用し耐久性が高い仕様で、アウトドア日常使いでも使いやすい。

アトムヘビーウエイトフーディーと比較しすると、コアロフトの量と生地が違う。

エプシロンインサレーテッドフーディーは直営店限定モデル

 

スポンサーリンク

 

サーミーパーカ

高品質なグースダウンを使用したダウンパーカ。

生地はゴアテックスを採用し、防風性と防水性は抜群

ゴアテックス2Lの表地は柔らかな風合いで、テカテカ感の無い見た目で普段使いもしやすい。

脇下などの熱がこもりやすい部位には化繊中綿のコアロフトを配置して、ダウンの苦手な濡れによる保温力低下をカバーできるように作られている。

モダンなデザインで、タウンユースの街着でオシャレに暖かく着れる。

>>関連記事:【アークテリクス】サーミーパーカ スタイリッシュで暖かさ抜群な最高峰ダウンコート|レビュー

 

サーミーSVパーカ

サーミーパーカのロング丈バージョン。

着丈が膝上近くまであるので、寒さからカバーしてくれる範囲が広い。

凍えるような寒さで外で過ごす時間が多い方にはサーミーSVパーカがオススメ。

 

セリウムフーディー

軽量な仕上がりのライトダウンフーディー。

重量は338gと非常に軽く、高品質な850フィルダウンで薄いのに見た目以上に暖かい。

付属の収納袋にコンパクトにまとめることができ、必要ない時はバッグに片付けたり、いざという時に使うために忍ばせておくこともできる。

中間着のミッドレイヤーとしてもライトアウターとしても使えて使い勝手もイイ

 

ジャケット版のレビュー記事はコチラ。

>>関連記事:【アークテリクス】セリウムジャケット 着回しと暖かさ抜群のライトダウン|レビュー

 

ソリウムフーディー

750フィルのレスポンシブルダウンスタンダード(RDS)認定のグレーグースダウンを採用したダウンフーディー。

ボリューム感のあるダウンで保温性は抜群、生地にはArato™ 30 ナイロンのシェルを使って耐久性も高い

アークテリクスのダウンシリーズ共通で、部分的にコアロフトを採用して湿気の多い部位の保温性を確保できるようになっている。

フロントジッパーはダブルジップ仕様で、暑くなった時は下の方を少し開けて換気したりと使い勝手も考慮されている。

立体構造パターンで動きやすさも確保している。

ソリウムフーディーは直営店限定モデル

 

ソリウムSVフーディー

ソリウムフーディーを悪天候向けにアップグレードしたモデル。

生地にはArato™ 30 ナイロンを使用したゴアテックスインフィニアムで、防風性を高めている。

フロントジッパーはダブルジップ仕様。

ソリウムSVフーディーは直営店限定モデル

 

ソリウムSVパーカ

ソリウムSVフーディーのロング丈バージョンで、ソリウムシリーズでは最も暖かいモデル。

腰下までカバーしてくれる着丈で、街着でも使いやすい仕様になっている。

大きくボリューミーなサイズ感でも重量も685gと軽く、立体構造とタブルジップ仕様で着心地も良くなっている。

ソリウムSVパーカは直営店限定モデル

 

スポンサーリンク

 

レイルインサレーテッドジャケット

防風防水素材のゴアテックス生地を採用したインサレーテッドジャケット。

保温素材にはアークテリクス独自素材のの化繊中綿コアロフトを使い、湿気による保温力の低下に強い。

生地は80Dのゴアテックス2L耐久性も高く、長い間使うことができる。

すっきりしたデザインで街着でも馴染みがよく、普段使いもしやすい。

化繊中綿を使っていることで、簡単に洗濯できるので普段の手入れがしやすい

軽めのアウトドアからタウンユースでも使いやすい保温ジャケットになっている。

 

レイルパーカ

レイルインサレーテッドジャケットのロング丈バージョン

腰回りもしっかりカバーできる着丈で、体の大部分を寒さからカバーしてくれる。

化繊中綿をならではの洗濯のしやすさから普段使いのメンテナンス性も抜群

見た目もすっきりして普段使いもしやすい仕様、街着メインであればレイルーパーカの方がオススメ

 

【関連記事】

>>関連記事:【解説】災害時に役立つアークテリクスをはじめとするアウトドグッズ

>>関連記事:【アークテリクス】アトムLTとアトムAR どっちがイイ問題への回答

コメント

タイトルとURLをコピーしました