アルファSVとベータSV 各シリーズ最強グレードの違いを徹底比較

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

アークテリクスのゴアテックス製シェル「アルファSV」と「ベータSV」について、この2つを比較解説します。

アークテリクスの看板であるフラッグシップ・アルファSVと、その比較対象として使い勝手は良さそうだけどアルファSVの影に隠れがちなベータSVは、何が違うのか?どちらが自分には合っているのか?悩んでいる方も多いかと思います。

結論から言うと、

✔︎アルファSV → アウトドアに特化して使いたい

✔︎ベータSV → 1着で普段使い(街着)もアウトドアも両方使いこなしたい

このような選び方をして頂ければ間違いないと思います。

 

この記事では、アルファSVとベータSVにつて比較解説していますので、読んで頂けたら違いや用途、自分にはどちらが向いているのかが分かると思います。

気になっている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

アルファSVとベータSVについて

アルファSVベータSVは、アークテリクスからリリースされているゴアテックス製シェルジャケットです。

ゴアテックスの中でも上位グレードのゴアテックスプロを採用しており、非常に耐久性の優れた生地になっています。

アウトドア特化の「アルファシリーズ」汎用性高い「ベータシリーズ」、それぞれ違ったコンセプトと用途に別れたラインナップとなっています。

比較するこの二つのジャケットは、コンセプトは違えど、どちらも悪天候にも対応できる最上位グレードのSVグレードです。

それぞれのコンセプトの最強ジャケットの比較ですね。

 

関連記事:【アークテリクス】アルファSV 究極の耐久性と快適性を兼ね備えた最高峰シェルジャケット

 

関連記事:【アークテリクス 】超万能な真の最強ジャケット!? ベータSV【使用レビュー】

 

スポンサーリンク

 

アルファSVとベータSVの違いについて

それぞれのジャケットのスペックを表にしてみました。

私の所持しているアルファSVは2018年モデルで、追加購入したベータSVと製造年とゴアテックスプロのグレードが違っているので、ベータSVと同年代・同グレードのアルファSVのスペックも合わせて記載します。

用途や使用時期に関しては、私個人の私観的面もありますが、参考に。

評価は星5段階と△・○・◎の2種類でつけてみました。

アルファSV(2018) アルファSV(2022) ベータSV(2022)
コンセプト <アルファシリーズ>
ミニマムでアウトドア向け
<アルファシリーズ>
ミニマムでアウトドア向け
<ベータシリーズ>
アウトドア〜街着まで万能の汎用性
用途 悪天候:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
アウトドア:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
街着:⭐️☆☆☆☆
悪天候:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
アウトドア:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
街着:⭐️☆☆☆☆
悪天候:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
アウトドア:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
街着:⭐️⭐️⭐️☆☆
素材 <ゴアテックスプロ3層>
表地:N100p-X
裏地:マイクログリッドバッカー
<ゴアテックスプロ・Most Rugged 3層>
表地:N100d
裏地:マイクログリッドバッカー
<ゴアテックスプロ・Most Rugged 3層>
表地:N80d
裏地:マイクログリッドバッカー
耐久性 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
フィット <レギュラーフィット>
重ね着できる余裕感あり
<レギュラーフィット>
重ね着できる余裕感あり
<レギュラーフィット>
重ね着できる余裕感あり
ポケット 外側:3箇所
(チェストポケット×2、左腕ポケット×1)
内側:2箇所
外側:3箇所
(チェストポケット×2、左腕ポケット×1)
内側:2箇所
外側:3箇所
(チェストポケット×1、ハンドポケット×2)
内側:2箇所
使用時期 春:○   夏:△
秋:○   冬:○
春:○   夏:△
秋:○   冬:○
春:◎   夏:△
秋:◎   冬:◎
重量 485g 485g 495g
携帯性 ⭐️⭐️☆☆☆ ⭐️⭐️☆☆☆ ⭐️⭐️☆☆☆

 

仕様を比較すると、街着としての使い勝手が良いのでベータSVの方が使用シーンが多い印象です。

使用用途でベータSVの街着の項目は、生地が若干硬めで着心地の好みが分かれるので、◎ではなく○にしています。

使用時期も、アルファSVも春秋冬は◎でも良かったのですが、ポケットの使い勝手の分を差し引いて○にしています。

どちらも生地が厚めなので真夏の使用は厳しいものがありますが、アウターとしての使い勝手がイイのでベータSVの方が使用時期も長いと思います。

また、ベータSVはアルファSVよりも着丈が若干長いのと止水ポケットの数も多いので、重量は10gですが重い仕様になっています。

 

スポンサーリンク

 

アルファSVとベータSV、オススメの人

アルファSVがオススメの人

・本気でアウトドアに挑む人

無駄を省いた、アウトドアにおける実用的な機能に絞り込んだジャケットです。

汎用性はあまり考えていない、特殊環境に挑むスペシャリスト向けの仕様です。

街着よりもアウトドアを楽しむ人には向いていると思います。

 

・とにかく最高のジャケットが欲しい人

素材がゴアテックスプロと、防水・防風・透湿における最高の機能を備えた素材を使っています。

表地も摩擦・摩耗に強い生地を使っているので、長期間使うこともできます。

同じ様な機能を持っていても、加水分解等での経年劣化には敵わない様な素材もありますが、ゴアテックスは定期的なメンテナンスで長年使用できます。

アークテリクスのジャケットの中でも最強スペックの生地を使用している、フラッグシップの最高級ジャケットです。

所有している満足度は間違いないものがあると思います。

嵐や吹雪の中での活動も想定した使い方ならアルファSV。

 

過酷な状況ほど真価を発揮する、最高に頼もしいジャケット。

 

ベータSVがオススメの人

・ミニマリストな人

ポケットの充実した仕様になっているので、ちょっとした小物であればベータSVの備え付けのポケットに収納するだけで事足りてしまいます。

小物を入れるためのコンパクトなバックを持ち歩く必要がなくなるので、ミニマリストの方にはピッタリな機能性だと思います。

着用できる時期も長く、本格アウトドアも街着も、ベータSVの1着でこなせてしまいます。

 

・長く使える、街着でも使いやすいゴアテックスプロのジャケットが欲しい人

普通のゴアテックスでも十分な機能性はあるのですが、ゴアテックスプロはより強く耐久性が高い素材です。

より長く使いたいとの想いでゴアテックスプロのジャケットを求める方もいる一方、ゴアテックスプロのジャケットは完全アウトドア向けのスペシャル仕様のジャケットにしか採用されていないケースが多いです。

ベータSVはそんなスペックを持ちつつも、日常の普段使いにも使いやすい仕様になっているので、イイものを長く使いたい方にもオススメです。

ポケットもたくさんあって普段使いもアウトドアも、1着でこなせて使い勝手が便利です。

 

長持ちする頑丈な生地なのもあって、イイとこ取りしたい人はベータSVがオススメ。

ARC’TERYX アークテリクス ベータ SV ジャケット メンズ BETA SV JACKET MENS アウター 防水 シェル ジャケット BORDEAUX XS/S バードエイド保証対象【PTUP】

 

まとめ

アルファSVは、良くも悪くもスペシャリスト向けのスペシャル仕様なので、ジャケット本来の機能を活かそうとすると使い所が難しいと言える一面もあります。

そんな意味では街着で使うにはオーバースペックな所はありますが、街着ファッションとして割り切った使い方をする分には、手に取る方の好みの使い方としてOKでしょう。

ベータSVは、アルファSVに迫るスペックを持ちつつ、街着・日常使いにも対応できる使い勝手の良さも兼ね備えているので、こちらの方がオススメできる方は多いかと思います。

私自身、使い勝手の良さからアルファSVとベータSVがあると、ついついベータSVの方に手が伸びてしまいます。

選び方に迷ったら、

✔︎アルファSV → アウトドアに特化して使いたい

✔︎ベータSV → 1着で普段使い(街着)もアウトドアも両方使いこなしたい

この様に考えてください。

どちらも素晴らしいシェルジャケットだと思いますので、実際に手に取る機会がありましたら、どちらが自分に向いているのか是非比較してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました