【アークテリクス】ベータLT 基本機能が詰まった万能ゴアテックス|レビュー

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

アークテリクス(ARC’TERYX)の中でも、汎用性が高くて人気が高いベータLTジャケット(BETA LT JACKET)

アウトドアユースでとして、街着メインのタウンユースと、それぞれ両方のユーザーからの支持も高く、1着で万能に使えてしまう一品。

・雨風から体を守るゴアテックス
・軽い着心地
・シンプル仕様で万能に使える汎用性
・街着でもカッコ良くキマるスタイリッシュなデザイン

本格的なアウトドアウエアなのに、デザインのシンプルさとカッコ良さからタウンユースでも人気なのも頷けます。

この記事では、ベータLTを手にして実際に使用してみたレビュー記事です。

ベータLTを着てみて、良かった点やイマイチな点等を正直に紹介します。

ベータLTが気になっている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ベータLT概要

汎用性の高い万能なベータシリーズ

アークテリクスのシェルジャケットシリーズの中で最も汎用性のあるベータ(β)シリーズ。

アウトドアから普段使いまで、ベータシリーズ1着で幅広く対応できます。

 

軽量デザイン

軽量性と耐久性のバランスが取れたLTグレード。

軽くても丈夫に作られているので、気にせずどんどん使っても問題ありません。

 

ゴアテックス

生地素材は完全防風・完全防水素材のゴアテックスを採用。

アウトドアウエアとしては定番の素材で、防水性と防風性を備えるのには欠かせない存在です。

関連記事:今更聞けない!?快適高機能素材ゴアテックスの基礎知識【解説 考察】

 

様々なアウトドアに対応

軽量な設計になっているので、ハイキングやトレッキング等の軽めのアウトドアにもピッタリ当てはまります。

ベータLTは体の動きに追従する立体裁断パターンで作られています。

腕を振り上げても裾がずれることが少なく、上半身の動きが激しいロッククライミングの様なアクティビティにも快適に対応できます。

 

フェアトレード製品

製品を作成する上で開発途上国を支援するフェアトレード企画の製品。

 

商品説明

計算されたシンプルなデザインが最大限の汎用性を発揮するベータ LT。
山のアクティビティに必須の機能性をしっかり網羅したアイテムです。
bluesign® 認証を獲得し、優れた軽量性と耐久性が自慢の3L ゴアテックス生地により、あらゆる種類のアクティビティで、防水性、防風性、透湿性による保護性能を発揮します。
ヘルメット対応のストームフード™ が、視界を遮ることなく、抜群のカバー力を実現。
アイテムを簡単に出し入れできるハンドポケットはウォータータイト™ ジッパーにより安全な収納が可能です。
また、ピットジップがスピーディな通気を実現し、実用的な立体構造による動きやすさも魅力です。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

ベータLTの外観

全体

ベータLTはハンドポケットとして機能するポケットが前に2つだけ付いているシンプルな仕様。

 

ポケット

ジッパーは止水ジッパーが採用されていて、防水性が保たれる様になっています。

アウトドアウエアとしては珍しく、やや下寄りの位置に設定されています。

 

このポケットの高さが、ハンドポケットとして機能するのに比較的使い易い位置に設定されています。

普段使いにも違和感なく使える、嬉しい仕様です。

 

フロントジッパー&フードドローコード

ジッパーには止水ジッパーが採用されていて、フラップを設けなくても防水性が担保されるようになっています。

フードの開口口を調整するドローコードは首元の左右に設定されています。

 

フード裏

フードの裏にも調整用のドローコードが設定されています。

このドローコードでフード全体のを絞り込んでボリュームを調整することができます。

 

脇下ベンチレーション

脇の下には、換気用のベンチレーションとして機能するジッパーが付いています。

ジャケットを脱がなくても、ここを開くことで中の熱気を強制的に排出することができます。

 

袖口

袖口にはベルクロが設定されていて、袖口を絞り込んで調整できます。

袖口からの風の侵入も防ぐことができます。

 

裾の左右にドローコードが設定されています。

裾元を調整して絞り込むことができるので、裾からの風の侵入が防げます。

 

裏地

ゴアテックス3層の裏地にはトリコットバッカーが採用されています。

比較的サラサラした肌触りで袖通しも良く、ジャケットを着る時にもサラリと着ることができます。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

ベータLTの難点(デメリット)

値段が高価

ベータLTの2023年モデルで価格は66,000円(税込)。

近年の物価高の影響もあり、以前は55,000円(税込)から66,000円(税込)へと値上がりしています。

気軽に何着も揃えるのが難しい値段なので、色違いやサイズ違いで揃える様な方はごく一部の方。

購入する際のサイズやカラーの選択は慎重にしましょう。

 

入手困難

ベータLTはアークテリクスのジャケットの中でも1、2を争うほど人気のモデル。

販売された途端に完売状態になる程なので、中々お目にかかることがなかったりしてベータLTを買うことができない人も沢山います。

お目当てのサイズ・カラーに巡り合うのに苦労するでしょう。

 

海外企画品なのでサイズ感に注意

ボディサイズ(CM)

サイズ 胸囲 ウエスト ヒップ
XXS 79 87 71 85
XS 81 92 76 90
S 84 97 81 95
M 86 102 86 100
L 89 110 94 108
XL 91 118 102 116
XXL 94 128 112 126

海外企画のサイズなので、日本企画のものと比べて大きい仕様になっています。

アークテリクスのサイズデザインには、体のラインに自然に馴染むトリムフィットと、重ね着対応のゆったり目なレギュラーフィットの2種類がデザインされています。

このデザインの違いによっても、同じサイズ表示でもサイズ感が異なります。

このデザインによるサイズ感の違いは、体感的には以下の通りに感じています。

✔︎トリムフィット:日本企画に対して1つ上のサイズ感
✔︎レギュラーフィット:日本企画に対して1.5〜2つ上のサイズ感

ベータLTはトリムフィットのデザインになっていて、体のラインに沿ったサイズ感になっています。

私は身長169cm、体重51kgの小柄・痩せ型なのでXSサイズを購入しましたが、日本企画サイズのS相当の感じになります。

薄手の服の重ね着は大丈夫ですが、厚手のインナーの重ね着はできるけど少し不向きだと思います。

サイズを選ぶ際は注意が必要です。

身長169cm、体重51kgの私はXSサイズで丁度良かったです。

 

インナーダウン系を中に着込んでも、まだ大丈夫でした。

 

ジッパーの動きが重い

ベータLTのジッパーには水の侵入を防ぐ止水ジッパーが採用されています。

このジッパーが防水性を高める構造上、ジッパーの開閉をする際に抵抗が大きくて動きが重いです。

頻繁に脱ぎ着するには少し使いづらいです。

将来的にアップデートされる際は、2022年から登場したベータジャケットと同じタイプの止水ジッパーを採用してほしいですね。

ベータジャケットに採用されている新型のWaterTight™ Vislonジッパーは防水機能もしっかりありながら動きも非常にスムーズで使い易いです。

関連記事:【アークテリクス】ベータジャケット 街着でもキマる万能ゴアテックス

 

ポケットが少ない

ベータLTに設定されているポケットは、前に2つ付いているハンドポケットのみです。

必要最低限の機能ですが、ジャケットに沢山の物を収納したい方には物足りない仕様になっています。

ですが、余計なものがない分シンプルで使い易いとも言えますね。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

ベータLTの特徴(メリット)

完全防水・完全防風のゴアテックス

ベータLTの生地は、表地が40D(デニール)のナイロン生地裏地がトリコットバッカーの3層構造のゴアテックス。

完全防水・完全防風仕様なので、雨風からしっかりと体を守ってくれます

生地は適度な張り感があり、薄さの割にはしっかりとした印象があります。

 

軽い着心地

ベータLTの重量は約395g

ゴアテックス製のシェルジャケットの中では比較的軽量な分類になっているので、重さを気にすることがありません

また、裏地のトリコットバッカーのお陰で、肌触りもサラサラしてベトつかず、ジャケットの脱ぎ着も楽に行えます。

 

ベンチレーション付きで着用したままでも換気できる

脇下に換気用のベンチレーション機能のジッパーが備わっています。

ジャケットの内側に熱がこもってきた際に、脱がなくてもジッパーを開けることで強制的に換気ができます。

 

スッキリしたシルエットでスタイリッシュ

ベータLTは体のラインに沿う様にデザインされたトリムフィットデザイン

野暮ったさがなく、スッキリしたシルエットで着れるで、街着でもスタイリッシュにキマリます。

 

コンパクトに収納もできる

薄手の生地のおかげで、ジャケットを丸めてフードの中に収めることができます。

本来の使い方ではないですが、ジャケットを着る必要がなくなった際は収納して片付けておくことができます。

 

アウトドアウエアに求められる基本機能が凝縮

細かく仕様を振り返ると、ベータLTはシンプルなのにアウトドアで求められる機能がすごく凝縮されています。

・雨風から体を守るゴアテックスによる高い防御力
・長時間の着用にも苦にならない軽量性
・着用したまま体温調整ができるベンチレーション付き
・着用が不要になった際に収納性して片付けられるコンパクト性

多くのアウトドアウエアは、これらの点のどれかを犠牲にしている商品が殆どです。

ベータLTは、これらの要素が備わっているので、本当に何でも使える便利で万能な1着です。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

ベータLTの口コミ評判

ベータLTの口コミ評判を調べてみました。

人気が高いモデルであるとは聞いてはいますが、調べてみても人気の高さがわかります。

 

楽天市場での口コミ

殆どの方が星5をつけられていて、非常に評判が高いのがわかります。

>>口コミを詳しく見たい人はこちら

 

Amazonでの口コミ

Amazonでのこちらの商品では、全ての人が星5評価と大評判です。

>>口コミを詳しく見たい人はこちら

口コミを見ても、ベータLTが大人気なのが分かりますね。

⬆️「この記事でわかること」へ戻る

 

ベータLTはこんな人にオススメ

街着もアウトドアも1着で済ませたい方

何にでも使い回しが効くのがベータシリーズの大きな魅力。

何着もジャケットを持つのが嫌だから1着で済ませたい、という方にはベータLTはぴったりなアイテム。

本格的なアウトドアウエアの機能はバッチリ揃っているのに、着心地も良くてカッコ良い

ベータLTは持ってて間違いなしの逸品と言えますね。

思わず毎日着用したくなる、魅力がたっぷりなのがベータLTです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました