【シマノ21アルテグラ】1万円台で買えるハイコスパリールを2年使い込んだ正直な感想

※本ページのリンクには広告が含まれています
【釣具】

2021年にモデルチェンジを果たして登場したシマノのスピニングリール21アルテグラ

発売当時は、シマノのスピニングリールの中でも「コスパ最強スピニングリール」とも言われるほど話題になり、今でも人気のリールです。

そんな21アルテグラを購入して約2年使い込んでみた感想です。

率直な感想として21アルテグラは、後で最新機能が盛り込まれた他リールが登場し続けている今でも十分に満足できるコスパ抜群のリールです。

実際に使ってみて良かったと思う点や、気になった点などを、正直に伝えますね。

21アルテグラのことが気になる方は、是非チェックしてみてください。

created by Rinker
¥12,616 (2024/03/03 23:34:56時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

21アルテグラは低価格なのに高性能なハイコスパリール

21アルテグラは2万円前後(実売価格は1万円台前半)で購入できるシマノのスピニングリールの中では低価格帯に位置するスピニングリールです。

低価格帯とはいえ、ハイエンドモデルに搭載される最新機能も備わっているため、価格帯に似合わず高性能な仕上がりになっています。

私は21アルテグラを購入する際に汎用性の最も高い番手のC3000XGを選び、エギング・スーパーライトジギング・シーバス・チニングをメインで使用していました。

次に紹介する特徴を備えており、実売価格1万円台前半で購入できるリールとはとても思えないような仕上がりに感じました。

21アルテグラは、間違いなくコストパフォーマンスが高いリールだと思います。

そしてこのブルーメタリック系のカラーリングのボディが中々にカッコイイので、デザイン性も優れていて非常に気に入っています。

写真は20セフィアXTUNEと組み合わせていますが、カラーリングのマッチングも悪くなく、中々カッコイイと思いませんか?

⬆️この記事でわかることへ戻る

 

スポンサーリンク

 

21アルテグラの特徴

✔︎HAGANEコンセプト・HAGANEギアによる高い剛性
✔︎マイクロモジュールギアⅡ・Xシップ・サイレントドライブによる滑らかで力強い巻き心地
✔︎Gフリーボディ・CI4+素材による軽量な操作感
✔︎Xプロテクト・S A-RBによる高い防水性・防錆性
✔︎AR-Cスプール・ロングストロークスプール・ワンピースベールによるキャスタビリー・トラブルレス性

上級機種にも搭載されている機能がたくさん備わっています。

防水性能や実釣時の使用感・強度面等でも、低価格帯リールとしては十分過ぎるくらいに備わっており、安心して使用できますね。

⬆️この記事でわかることへ戻る

 

21アルテグラを使って気になった点

✔︎ハンドル回転軸受部がプラスチックカラー

21アルテグラには本体側にベアリングが5箇所、ラインローラー部に1箇所採用されています。

ですが、回転部分で重要箇所のハンドル部にはベアリングが採用されず、プラスチックカラーが入っているだけです。

ここはメーカーの意図的にコストダウンを意識した部分でもあるかと思いますので、仕方ないのかもしれません。

ですが、ハンドル部は分解も簡単なので、購入したユーザー側でベアリングに変更することもできます。

標準なスペックとしては若干気にはなったものの、手の打ち様がある部分なので然程気にしなくても良いです。

ベアリング化したい方は、別途ベアリングを購入して交換してみてください。

 

✔︎エギングで強いシャクリをした際に僅かにリールフットが歪む感覚

これは21アルテグラをエギングで使用していた時に感じたことです。

私はエギングでは22ステラも使用していますので、22ステラとの比較になってしまう点もあるかと思いますが、強いシャクリをした際にリールフット部がほんの僅かに歪む感触を覚えました。

明確とまではいかない位の、ほんの僅かな感覚です。

これは22ステラと21アルテグラのボディ剛性の違いによる差だと思いますが、21アルテグラだけを使っていたら分からなかったかもしれません。

関連記事:【22ステラ実機レビュー】シマノ最高峰スピニングを使い込んだ正直な感想

⬆️この記事でわかることへ戻る

 

21アルテグラがオススメの人

✔︎初心者〜上級者まで幅広く使える

21アルテグラは1万円台前半から購入できるので、釣りを始めたばかりの初心者にも長い間使えるスペックを持っているのでオススメです。

ある程度釣り経験がある中〜上級者は、釣りをしていく中で幾つかのリールを購入して使用してみたりした経験があるハズです。

そんな経験者なら、21アルテグラの性能は分かっていただけると思いますが、価格には見合わないくらいの機能性と使用感を兼ね備えているので驚かれると思います。

メイン機としてもサブ機としても使えますし、比較的購入しやすい価格帯なので用途別に複数所有することも視野に入れることができますね。

⬆️この記事でわかることへ戻る

 

スポンサーリンク

 

21アルテグラは今でも買いなリールなのか?

この記事を執筆している2023年では、21アルテグラが登場して2年が経過しています。

その間に新しい機能が備わったリールが登場していますが、そんな中でも21アルテグラは引けを取らないくらいに優れており、十分に買いなリールです。

ここからは私個人的な振り返りを兼ねての感想を話します。

現在サブ機として使用している21アルテグラを購入する前は、12セフィアCI4のC3000HGをサブ機として使用していました。

この頃の12セフィアCI4は実売価格が2万円前半する、21アルテグラの約倍近い価格帯でした。

サブ機の入れ替えを検討している中で21アルテグラが登場し、そのスペック的にも気になっていたので購入して使用してみました。

ランク的には下の価格帯のリールなのに、剛性感・巻き心地・精密性の全ての点で上回る性能を恐ろしいほど体感しました。

私自身は気がつけば釣り歴は20年以上も経っており、色々なリールに触れる機会がありました。

リールの進化は凄まじく、1万円台前半で購入できるリールがこのクオリティだというのが今でも信じられないくらいです。

正直、価格帯を度外視した感すら感じます。

このリール、10年以上前に遡って販売したら5万円以上で買ってくれる人がいても不思議ではないくらいのクオリティーです。

登場してから真新しさはなくなったとはいえ、十分過ぎる程に戦えるスペックを持っていますので、21アルテグラで様々な釣りに是非チャレンジしてみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

created by Rinker
¥12,616 (2024/03/03 23:34:56時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました