【ギガ不足解消】快適なままiPhoneのデータ通信量を抑える方法4選

※本ページのリンクには広告が含まれています
【Apple】

iPhoneを利用されている方は月々の通信量を気にされているかと思います。

今でこそ、格安SIMや大手キャリアでも通信量無制限プランのような契約プランがあり、以前ほどは気にならなくなりました。

とはいえ、いざ外出先でiPhoneを使うにしても、思ったほど使っていないという方多いのではないでしょうか?

動画を見るつもりもないのに、SNSを開いた途端に動画が再生されて、意図せず通信量が増えてしまう…

そんなことになってたらイヤですよね?私はイヤです。

・現在の契約プランで月額使用料を最低限に抑えたい

・通信量無制限でも出先では実際にそれほど使わないから、使用量は最小限に抑えたい

そんな思いを持っている方に、iPhoneでのデータ通信量を抑える方法を4つに絞って紹介します。

データ通信量を抑えたい方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

データ通信量を抑える方法

✔︎モバイル通信の省データモードを使用する

iPhoneでのモバイル通信を設定するにあたり、大元から自動的に通信量を抑えてくれる設定です。

自動アップデートや同期といったバックグラウンドでのタスクを一時停止してくれる機能です。

iPhoneのホーム画面から「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「省データモード」をON。

 

スポンサーリンク

 

✔︎SNSアプリの動画再生設定を見直す

最近では利用することが欠かせなくなっているSNS。

意図せずデータ通信量が増える要因として、SNSの中で自動的に再生される動画があります。

見るつもりもないのに、SNSを開いただけで勝手に再生されて、勝手に通信量が増えていってしまいます。

非常に勿体無いので、ココは是非抑えておきたいところ。

各SNSの設定画面から動画を再生しない設定がありますので、主に利用者が多いSNSでの設定を紹介します。

・Instagram

画面右上の三本線マーク→「設定とプライバシー」→「メディアの画質」→「モバイルデータを節約」をON。

・X(旧)Twitter

「設定とプライバシー」→「アクセシビリティ、表示、言語」→「データ利用の設定」→「データセーバー」をON。

・Facebook

ホーム画面右下の「メニュー」→「設定とプライバシー」→「設定」→「メディア」→「自動再生」の中の「Wi-Fiのみ」もしくは「動画を自動再生しない」にチェック。

・LINE

ホーム画面右上の「歯車マーク」→「写真と動画」→「動画自動再生」→「Wi-Fiのみ」もしくは「自動再生しない」にチェック。

 

スポンサーリンク

 

✔︎アプリ別でモバイルデータ通信をオフにする

出先でアプリを使う際に、間違ってYouTube等の動画アプリを開いてしまったためにデータ通信量が加算されてしまうことがあります。

モバイル通信下では使いたくないけど、Wi-Fiが通じるところでは使いたい。

そんな時は、アプリ別でモバイルデータ通信下では使用できなくできる設定で解決できます。

「設定」→各アプリ→「モバイルデータ通信」をOFF。

もしくは

「設定」→「モバイル通信」→画面下にあるアプリ一覧の中からモバイル通信したくないアプリをOFF。

 

スポンサーリンク

 

✔︎バックグラウンド更新の設定を見直す

iPhoneでは、初期の設定ではAppが自動的にバックグラウンドで更新されている設定になっています。

これはWi-Fi・モバイル通信両方で更新される設定になっているので、モバイル通信では更新しないように変更します。

こうすることで、モバイル通信ではバックグラウンド更新はされず、無駄なデータ通信量を抑えることができます。

「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」→画面上の「Appのバックグラウンド更新」→「オフ」もしくは「Wi-Fi」にチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました