M3・M2搭載機が出た今でもM1 MacBook Airがオススメな3つの理由

※本ページのリンクには広告が含まれています
【Apple】

MacBookにまた新しいモデルが出たぞ、一体どれを選べばいいんだろう。

2023年になり、MacBook AirがM1チップ→M2チップ仕様へと進化しました。

同年ではMacBook ProにM3チップ搭載機が登場し、更なる飛躍を遂げています。

結論ですが、M2・M3と最新チップが搭載されたMacBookが登場していますが、そんな今でも多くの人にはM1チップのMacBook Airでも十分にオススメできます。

その理由として、次の3つの事が取り上げられます。

・処理速度の違いを体感し難い
・稼働時間も変わらない
・コストパフォーマンスが良い

これからMacBook Airの購入を検討されていて、M1機とM2機のどちらを選べば良いか悩んでる方

また新しいM3 MacBook Proはどうなのか、この記事を読んでいただければ判断できると思います。

MacBookの購入を検討されている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

MacBookで軽作業メインならM1チップで十分

MacBookを求めるようになったのは何ででしょうか?

・古くなったノートパソコンの買い替えのタイミングになったから
・ブログをする為にノートパソコンが必要になったから
・MacBookに興味が出たから
・Windowsが嫌になって乗り換えたくなったから

筆者の私の場合はMacBookに興味が出たからでした。

多くの人がノートパソコンに求めるものとしては

・ストレスなくサクサクと動いてくれる
・バッテリーの駆動時間が長く使える

これらの点が殆どだと思います。

そして、殆どの方がノートパソコンでする作業は

  • 学生の方はレポートの作成
  • 社会人の方は仕事の資料の作成
  • インターネットでの調べ物
  • 家計の管理
  • ブログの執筆作業
  • etc……

比較的、パソコンの負荷がかからない軽作業が多いのではないでしょうか?

動きが早くて、バッテリーも長持ちする、といった利点を活かしたノートパソコンを求めているハズです。

M1 MacBook Airはこれらの点を十分以上に兼ね備えています

 

M1 MacBook Airの詳細なレビュー記事が気になる人は↓をチェックしてみてください。

関連記事:【体験談】Windowsユーザーだった私がM1 MacBook Airに乗り換えてみた正直な感想

 

MacBookのM1・M2・M3チップによる違い

チップ性能がM1・M2・M3でそれぞれ違うMacBook。

性能面で大きく分けると、処理速度稼働時間が違うことになっています。

基本的には、後発で登場しているチップの方が性能が上になりますが、殆どの方がチップ性能の差を体感しにくいと言えます

メーカーが提示している性能は、MAXパワーで稼働している時が前提のデータであるため、M1・M2・M3のチップ性能を比較したところで、実際に日常での使用でM1↔︎M2の差ですら体感し難いです。

M1チップとM2チップの両方があるMacBook Airで使用感を比較しても、その差を明確に体感するのは難しいと言えます。

スポンサーリンク

 

処理速度を比較

M1チップ搭載のM1 MacBook Airの登場が2020年でした。

その3年後の2023年にM2チップにアップグレードしたM2 MacBook Airが登場しています。

ここでM1→M2チップへと進化して、処理速度が約1.4倍に向上しています。

ですが、この1.4倍に向上したというのも最大速度の場合で、高い負荷が掛かってMAXパワーで稼働している時です。

そのような重い作業をする場面は、主に大容量の動画編集をしているような時です。

ブログの様な執筆作業であったりブラウジング、日々の管理ソフトを使っての業務作業に使う分には、そこまでの負荷がかかることもありません。

軽作業をする際の通常稼働では、M1もM2も処理速度自体は体感できるほどの違いはないです。

動画編集くらいの負荷が大きい作業でないと、その差は体感できないです。

 

稼働時間を比較

次に稼働時間です。
・M1 MacBook Air:最大18時間
・M2 MacBook Air:最大18時間
・M3 MacBook Pro:最大22時間
M1とM2での最大稼働時間が同じ18時間の仕様です。
M2の方が性能が上で同じ最大稼働時間というのは素晴らしいですが、処理速度の差を体感できないのであれば実質同じです。

M1 MacBook Airで1日約2時間ほどブログ作業をしても、約1週間は充電なしで使えてます。

 

M1 MacBook Airでも十分過ぎるくらいバッテリーが持ちます。

 

価格差を比較

M1 MacBook AirとM2 MacBook Air、参考にM3 MacBook Proの価格差を比較してみます。
全てオプション拡張なしの素の状態です。
・M1 MacBook Air:134,800円(税込)
・M2 MacBook Air:164,800円(税込)
・M3 MacBook Pro:248,800円(税込)
M1とM2の価格差が30,000円あります。
軽作業がメインの使い方であれば処理速度の差も体感できないし、バッテリーの持ち具合も変わりません。
そこに30,000円の価格差を背負う必要もないと判断できます。
M3 MacBook Proに至っては、M1 MacBook Airの約2倍近くするので、一般の人が購入するには少々考えものです。
処理速度や稼働時間を考慮しても、M1 MacBook Airはコストパフォーマンスが抜群に良いという事が分かりますね。

M1機にはないM2機の唯一の大きな違いは15インチモデルの存在

M1機とM2機とでは余程の事がない限りでは違いは体感できないのですが、唯一違う所があるのが15インチモデルの存在です。
MacBook Airは13インチモデルしかありませんでしたが、M2機からは13インチと15インチの2種類から選択できます。
ですが、15インチモデルになるとサイズが上がる為、価格もそれに因んで上がります。
・13インチ M1 MacBook Air:134,800円(税込)
・13インチ M2 MacBook Air:164,800円(税込)
・15インチ M2 MacBook Air:198,800円(税込)
15インチモデルになると価格差は更に広がり、60,000円の差が生じます。
13インチでは小さくて使い難いという方でしたら、この価格差を考慮しても15インチモデルを購入してもいいかもしれません。

私自身、15インチのWindowsノートパソコンから13インチのM1 MacBook Airへ乗り換えました。

 

画面が小さくなっても、思ったほどの不満がないのが正直な所です。

【結論】MacBook AirでM1とM2のどっちが良いか?はM1で問題なし

ここまでMacBookでM1・M2・M3チップでの性能比較をしてきました。
その内、MacBook AirMacBook Proでは前者の方が購入する方も多いと思います。
MacBook AirでM1とM2のどっちを選べば良いか?と悩んでいるようでしたら、M1 MacBook Airを選んで問題ないと言えます。
  • 処理速度はMAXパワーでの負荷を掛けないとチップの性能差を体感し難い
  • 連続稼働時間も同じ
  • 13インチサイズで十分であればM2を選ぶ理由がない
どうしても新しいチップに目が入ってしまいますが、殆どの方がチップ性能の差を体感しにくいのでM1 MacBook Airを選んでもらって大丈夫です。
スポンサーリンク

まとめ:まだまだ現役で活躍できるM1MacBook Air

2023年11月からはM3チップが誕生し、MacBook Proに搭載されます。

スペック的にはモンスター級という感じがしますが、これも体感するのは動画編集作業かなと思われます。

M3機は、プロ用スペックと言っても過言ではないくらいです。

将来的にはMacBook AirにもM3搭載機が出てくるでしょうが、軽作業だけなら引き続きM1機のままでも十分と予想します。

M3搭載のMacBook Airが出た時、M1機と価格が殆ど変わらずバッテリーがより長持ちする様になっていたら、そちらをオススメできると思いますね。

\まだまだ現役のM1 MacBook Air/

楽天市場「M1 MacBook Air」へはこちらから

Amazon「M1 MacBook Air」へはこちらから

 

【MacBookに関する関連記事はこちら】

>>関連記事:【体験談】Windowsユーザーだった私がM1 MacBook Airに乗り換えてみた正直な感想

>>関連記事:【必見】Apple学割セールで学生さんと教職員はApple製品をお得に購入!2024年版

>>関連記事:【体験談】Magic Trackpad 3を使ってみた正直な感想

>>関連記事:AirPods Pro(第二世代)レビュー|iPhoneに最高なイヤホンはコレで決まり!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました