ワークマンのメリノウールインナーが最高過ぎて手放せなくなる5つの理由

※本ページのリンクには広告が含まれています
【ワークマン】

皆さんは、日頃使われているインナー(肌着)には、どの様なものを使われていますか?

肌触りのいいコットン?ヒートテックの様な発熱インナー?速乾性の高い化繊インナー?

今やインナーといっても、実にたくさんの種類のものが溢れています。

私は日常で毎日使うインナーとして、メリノウールのインナーが手放せなくなっています。

  • 1年中使える
  • 保温と通気の両方を兼ね備えている
  • 肌触りや着心地が良い
  • 着るだけでニオイ対策もできる
  • コストパフォーマンス最高

こんなにも沢山のメリットがあるメリノウールを、普段使いに取り入れない手はありません。

>>関連記事:アウトドアだけじゃ勿体ない!日常でも年中使える快適素材メリノウール【解説】

この記事では、ワークマンのメリノウールインナーが手放せなくなってしまう理由について解説していきます。

もちろん良い点だけではなく、気をつけないといけない取り扱いについての事についても解説していきます。

メリノウールインナーについて悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ワークマンのメリノウールが手放せなくなる5つの理由

冬だけでなく一年中使える

ウールという単語を聞くと、ついつい暖かいといったイメージで冬物を連想してしまいますが、寒い時期以外にも役立つ機能が詰まっています。

  • 保温、温調機能
  • 保湿、吸湿機能
  • 通気性あり

冬はもちろん暖かく、春〜秋の暖かい〜暑い時期は湿気を調整してくれて蒸れにくい。

季節を問わず、万能に使える優秀な素材です。

メリノウールは年中通して使っても実はとても快適。

 

保温性が高いのに蒸れにくい

保温インナーというと連想するのがユニクロのヒートテック。

ヒートテックは吸湿発熱という機能で、体の湿気と反応して暖かく感じる特性を持った生地を採用されています。

ですが、ヒートテックにはレーヨンも使えわれており、このレーヨンが含まれていると汗をかいた時に湿っぽく感じます。

ヒートテックは暑くなりすぎた時に不快に感じることがあります。

メリノウールは上記でも述べた通り、保温性と通気性の相反するような特性を持っている面白い素材。

保温機能はしっかりあるのに、運動等で汗ばんでも通気性もあるので湿気を排出しやすい機能があり、オーバーヒート気味になってもしっかり対応できる便利な素材です。

メリノウールはインナーとしては持ってこいの機能を持っているので、日常でも積極的に取り入れていきたい。

メリノウールはインナー(肌着)として役立つ機能が満載の素材です。

 

チクチクしないで、着心地快適

メリノウールは毛の繊維が非常に細かいので、肌への刺激が少なくチクチクした感触や痒みが比較的感じにくいです。

私は特別敏感肌というわけではないので、メリノウールのインナーを着ていてチクチク感や痒みは感じていません。

コットンほど着心地が良いわけではありませんが、肌触りは柔らかくて十分に着心地は快適です。

 

防菌防臭機能でニオイも気にならない

メリノウールには、素材自体に防菌防臭の機能があります。

暑くなって汗をかいてしまても、防菌効果のおかげでニオイの素になるバクテリアの繁殖も防いでくれるので臭くなりにくいです。

一般的な生地に対しての防菌加工や消臭加工というのは、着用を繰り返したり洗濯を繰り返すことで加工が徐々に弱まって、最終的にはその効果がなくなってきます。

防臭加工が施された靴下等が、いつの間にか臭うようになってしまった、こんな経験ありませんか?

メリノウールは素材自体に防菌防臭効果があるので、ずっと使い続けても効果を持続してくれます。

汗の匂いや体臭を長時間防いでくれるので、エチケット面も安心。

 

コストパフォーマンス最高

なんといってもワークマンアイテムは、機能性が高いのに低コストで手に入れられるコストパフォーマンスの高さが魅力

メリノウールは、普通のコットンのような素材と比較すると値段が高くなってしまいます。

長袖のトップスモデルを例に挙げると、他のアウトドアブランドのものであれば1枚6〜8,000円辺りが平均的な相場になります。

ワークマンのアイテムであれば、長袖丸首シャツだと1枚1,900円アウトドアブランドの1/3以下で購入できます。

高機能なメリノウールをこの価格で購入できるのは、実に良心的です。

高価なメリノウールがお手頃価格で買えて魅力的。

 

スポンサーリンク

 

取り扱いでの注意点

人によっては痒みを感じる

メリノウールの繊維は普通のウールよりも非常に細かいので、比較的チクチク感や痒みを感じにくいとされています。

私自身は特別敏感肌というわけではないので、チクチク感や痒みは気になっていません。

ですが、敏感肌の方は多少なりとも痒みを感じる場合があるかもしれません

いきなり沢山買わずに、まずは1枚試しに買ってみたりサンプル品を触ってみたりして確かめてみましょう。

 

毛玉ができやすい

メリノーウルは摩擦に弱い特性があります。

使い込んでくるうちに毛玉が段々できてきます。

洗濯をする際に、目の細かいネットに入れたりして対策したりと、少々気を使うところがあります。

もし毛玉ができてしまっても、毛玉取り機などで定期的にケアしてあげれば見た目も損なわずにすみます。

>>関連記事:【ワークマン】コスパ抜群のメリノウール靴下を3年使い込んだ感想【体験談】

 

縮むので乾燥機にはかけない

メリノウールは普通のウールと同様に、熱が加わると繊維が縮んでしまう特徴があります。

うっかり乾燥機にかけてしまうと、縮んでしまってサイズが合わなくなる恐れがあります。

メリノウールは速乾性にも優れているので、自然乾燥でも比較的短時間で乾燥してくれるので、無理に乾燥機にかけなくても大丈夫です。

乾燥機には入れないように注意しましょう。

 

自然乾燥でも十分に早く乾きます。

スポンサーリンク

 

ワークマンのアイテムはメリノウールにチャレンジするのにぴったり

価格も安いのに品質もしっかりしているワークマンのメリノウールアイテム。

既に古くなっている普通のコットンや速乾系のインナーと入れ替えるのに、ワークマンのメリノウールインナーを買い足してきました。

ワークマンのメリノウールは、アウトドアで使うよりも日常使いに使いやすい仕様になっています。

興味があるけど中々一歩が踏み出せない方でも、ワークマンの商品なら価格も抑えられているので、メリノウールアイテムを試してみたい方にもピッタリです。

メリノウールが気になったら、試しにワークマンの商品を買ってみるのがオススメ。

 

もし合わなくても、安いので損失が少なくて済みますね。

もしメリノウールが気に入りましたら、他の大手アウトドアブランドから出ているアイテムも試してみてください。
本格的アウトドアブランドで比較的低価格なモンベル、メリノウールブランドの大手ともいえるアイスブレーカーのアイテムが代表的です。
\モンベルのメリノウールはこちら/

モンベル スーパーメリノウール M.W.ラウンドネックシャツM’S 1107654 BK S

\アイスブレーカーのメリノウールはこちら/

 

【ワークマンの関連記事はこちら】

>>関連記事:【ワークマン】防水防寒ブーツ・ケベックNEOを4年間使ってみた正直な感想|レビュー

>>関連記事:【ワークマン】暑さも防げてUV対策もできちゃうリペアテック(R)超軽量×遮熱シェルジャケット

>>関連記事:【ワークマン】コスパ抜群のメリノウール靴下を3年使い込んだ感想【体験談】

>>関連記事:【ワークマン】メリノウールTシャツ コスパ抜群な高機能Tシャツでアンダーウエアにもピッタリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました