【結論】WatchOSをアップデートしてバッテリー消費が増えたら待つべし

※本ページのリンクには広告が含まれています
【Apple】

WatchOSをアップデートしてから、何だかバッテリーの減りが早くなった気が…

Apple WatchのWatchOS10へのアップデートが2023年9月19日より開始されました。

操作性が向上した裏で、バッテリーの消費も大きく増えたといった声も聞こえるようになりました。

私自身も、所有しているApple Watch Series8のWatchOSをver.10にアップデートしてからバッテリーの消費が明確に増えたと感じました。

こうなると慌ててしまうのですが、結論から言うとWatchOSをアップデートした後では、

✔︎アップデート後は何日か様子を見てみる

✔︎時間が経っても変わらない時は、デバイスを再起動してみる

目先の対処として効果があったのは、デバイスを再起動したことで幾分かはバッテリー消費増が軽減されました。

また、アップデート直後は知らず知らずのうちに裏でシステム更新が黙々と動いていることもあり、自然と消費が増えているようなので落ち着くまで待つ必要もあります。

まだWatch OSもアップデートが発表されて間もないので、近く修正が入ることを期待したいですね。

この記事では、Watch OSをver9→10へアップデートしてApple Watch Series8のバッテリー消費が増えてしまい、そこからバッテリー消費率を回復させるまでの経緯を書いています。

同じ様にWatch OSをアップデートしてバッテリー消費が増えたという方は、解決するためのヒントになると思いますので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

Apple Watch Series8購入後、約10ヶ月後のバッテリー状態

購入直後

WatchOSをver10にアップデート前のver9までは、1日で約40%ほどの消費で収まっていました。

これは、購入初期のレビュー記事と変わらずのペースで使えてました。

 

Apple Watch Series8購入直後のレビューを詳しく見たい方は↓を参照してみてください。

>>関連記事:【Apple】はじめてのアップルウォッチ【低価格品との使い比べインプレ】

スポンサーリンク

 

購入して10ヶ月後

この記事をUPしている現在、私のApple Watch Series8は購入してから約10ヶ月経過しています。

この時のバッテリー最大容量は99%の状態です。

 

この数日後に再度確認すると、バッテリー容量は98%になっていました。

2023年10月12日時点のバッテリー容量です。

約10ヶ月で2%容量ダウンしたので、私の使い方ではバッテリー容量は約5ヶ月で1%消耗するみたいです。

 

WatchOS10へアップデート後のバッテリー消費の変化

2023年9月19日に、WatchOSのver10アップデートが開始されたため、早速アップデートしました。

アップデート後に気づいたのが、バッテリー消費が早くなっていること。

写真は撮り忘れていたのですが、1日で40%の消費だったのが、約50%も消費するようになった。

アップデートしたせいでバッテリーの減りが増えちゃった!!

アップデート後は、SNSでもバッテリー消費が増えたことが盛大に話題になるくらい取り上げられています。

アップデートは改悪となってしまうのか?何か解決できる方法がないか、色々と試してみました。

 

Apple Watchのバッテリーの減りが早い原因

まずApple Watchのバッテリー消費が早くなることの原因として、次のことが考えられます。

・Apple Watchの機能をフル活用している。
・Watch OSのアップデートを行なった

Apple Watchは初期設定のままでは、備わっている機能をフル活用する様な設定になっています。

その様な状態では全ての機能を使おうとする訳ですから、バッテリーの減りが早く感じてしまうのは当然のことです。

まずはApple Watchの設定を確認し、ご自分の使い方に必要ない機能はオフにすることが大前提です。

Watch OSのアップデートを疑うのは、それからでも遅くはありません。

スポンサーリンク

 

Apple Watchのバッテリー消費を抑える設定を確認

まずはWatchOSをアップデートする前の設定と同じになっているか確認。

私のApple Watchのバッテリー消費を抑える設定は次の通り。

・常時点灯はオフ
・画面の明るさは暗めに
・トランシーバー機能はオフ
・通知の必要がないアプリは通知設定をオフ
・Wi-FiはWatchOSの更新があるまではオフ
・Appバックグラウンド更新はオフ

Apple Watchでの省エネ設定としては比較的オーソドックスな内容です。

アップデートのタイミングで、これらの設定がリセットされてないか心配だったので一応確認。

設定に関しては問題ありませんでした。

 

Apple Watchを再起動

Apple Watchのバッテリー消費が多いと感じた時にする方法はいくつかあるのですが、その中で再起動すると改善されるという話もあるので、さっそく試してみました。

Apple Watchを再起動後は、丸一日経過後にバッテリーが約45%の消費になっていました。

1日で約50%だったのが45%まで微量ながら改善。

それでも消費が多い様に感じますので、まだまだ納得がいきません…

 

WatchOS10.0.1へアップデート

配布開始

後日、WatchOSのver10.0.1の配信が開始されました。

 

配布直後の結果

バグ修正も含まれているとのことなので、バッテリー消費の問題も解決してもらえるのを期待して即アップデート。

 

ver10.0.1にアップデートも完了したので、フル充電する日を見計らって再計測。

1日で約49%…

あれ?またver10.0初期の頃に戻ってる…

やはり納得いかないので、また再起動。

 

そしてフル充電して、また再計測です。

1日目はバッテリー消費が42%でまあまあでしたが、最終的に2日で約90%の消費。

結局のところ、1日平均約45%の消費率となりました。

結局のところ、この辺に落ち着いてしまうのでしょうか、また暫く様子をみる事にします。

 

約1週間経過後

それから約1週間程様子をみて、バッテリー消費の具合を観察しました。

1日経過後は消費が約37%と改善どころか向上した様に見えました。

最終的に2日経った時点で83%の消費となり、1日約41〜42%前後で推移しています。

Watch0Sがver10に更新する前の水準に限りなく近いところまで回復しました。

その日のApple Watchの使い方でもバッテリー消費率は左右されるので、もっと数日の平均をとった方がデータ的にも信頼性が増えますので様子見が必要ですね。

ですが、更新してから時間経過と共にシステムの最適化も着々と進んでくれたようです。

この調子で更に時間経過したら、更新前より向上していないかな〜っと、ちょっと期待してたりします。

スポンサーリンク

 

WatchOS10.1.1へアップデート

配布開始

そしてさらに後日、WatchOSのver10.1.1の配信が開始されました。

ver10.1.1では、今回のver10で大問題とされていたバッテリー消費の悪化に対する修正が含まれているという内容でした。

これはかなり期待できると思い、アップデートを実施。

 

配布直後の結果

フル充電してから丸2日経過を観察しましたが、結果はver10.0.1での再起動してからの消費率と殆どかわりませんでした。

私の使い方の場合、結局のところ1日43%前後の消費率で落ち着きそうです。

スポンサーリンク

 

WatchOSのアップデート後はバッテリー消費が増えるのは定番問題

Apple Watchに限らずiPhoneでのiOS等でも、OSのアップデート後はバッテリー消費が増えるのは割と定番的な問題となって、アップデートの度に話題になっています。

これは、アップデート後は表面上では分からなくても、裏でシステム更新が動き続けている影響で消費が増えてると言われています。

時間が経過すると共に、システムの動きも最適化されていくので、気長に待つしかないです。

対策としてできることは

✔︎アップデート後は何日か様子を見てみる

✔︎時間が経っても変わらない時は、デバイスを再起動してみる

とにかく、慌てず騒がず、落ち着いて様子を見てみましょう。

\Apple Watchをそのまま充電できるモバイルバッテリーはコチラ!/

 

【Apple Watchの関連記事はこちら】

>>関連記事:【体験談】Apple WatchでPayPay決済する方法と注意点

>>関連記事:【体験談】Apple Watch Series 8を6ヶ月間使い込んでみた正直な感想

>>関連記事:【検証】Apple Watchに追加された手首皮膚温の測定機能

コメント

タイトルとURLをコピーしました