【体験談】Apple WatchでPayPay決済する方法と注意点

※本ページのリンクには広告が含まれています
【Apple】

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch(アップルウォッチ)」では、iPhone(アイフォーン)の機能を拡張してくれる便利な機能が沢山あります。

>>関連記事:【体験談】Apple Watch Series 8を6ヶ月間使い込んでみた正直な感想

その中の便利な機能の一つとして、iPhoneのコード決済アプリの一部がApple Watchでも使う事ができます

iPhoneを取り出さずに、腕につけているApple Watchでコード決済ができたら便利ですよね。

スマートフォンでできるコード決済として多くの方が利用しているのがPayPay(ペイペイ)

Apple Watchでも使えるということで、これは便利と思って実際にPayPay決済をしてみた際に、ヒヤリとした体験があるで、そのことを伝えていこうと思います。

この記事では、Apple WatchでPayPay決済で支払いをする方法と、その時の体験談を話していきます。

Apple Watchでのコード決済をこれから考えている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

Apple WatchでPayPay決済の支払いする方法

Apple Watchでは、iPhoneと同じ様に決済アプリを使用したコード決済を行えます。

コード決済できるアプリは一部限られていますが、多くの方の使用頻度の多いPayPay決済での支払い行う事ができます。

 

【Apple WatchでのPayPayの使い方】

Apple WatchでPayPay決済の支払いをするには、以下の手順に従っていきます。

1.Apple WatchでPayPayアプリを開く
2.アプリ起動後、右にフリックして中央画面で残高を確認
3.残高画面から左にフリックし、バーコードを表示
4.レジの読み取り方法によって、バーコードかQRコードを選択
5.Apple Watchの画面をかざして、レジのPayPay端末にかざして決済完了

 

スポンサーリンク

 

1.Apple WatchでPayPayアプリを開く

PayPayアプリを起動する。

 

2.アプリ起動後、右にフリックして中央画面で残高を確認

アプリを起動後はバーコード画面になるので、右にフリックして残高画面を表示。

 

3.残高画面から左にフリックし、バーコードを表示

残高画面から左にフリックしてバーコード画面を表示。

 

4.レジの読み取り方法によって、バーコードかQRコードを選択

レジによってはQR決済での読み込みに対応しなければならない時があります。

その様な場合は、QRコードでの決済に変更します。

バーコードをタップするとQRコードに変わります。

 

5.Apple Watchの画面をかざして、レジのPayPay端末にかざして支払い完了

iPhoneでバーコード・QRコードを読み込む様に、Apple Watchの画面をレジの読み込み端末にかざしてPayPay決済の支払いを完了させて終了です。

Apple WatchでPayPay決済を行うとiPhoneのPayPayアプリの履歴に記録されるので、後で確認もできます。

Apple WatchでPayPay決済ができるので、レジで手間をかけずに支払うことができます。

スポンサーリンク

 

Apple WatchでPayPay決済する際の注意点

注意する項目

便利なApple WatchでのPayPay決済ですが、以下のことに注意が必要です。

☑️Apple WatchでPayPay決済を行うには、Apple Watch Series 3以降、およびiOS 12以降が必要。
☑️PayPayアプリは最新バージョンにアップデートされている必要がある。
☑️Apple Watchのバッテリー残量が十分にあること。
☑️Apple WatchでPayPay決済を行うには、PayPay残高が必要です。

 

特に注意するのがPayPay残高

バッテリー残量があることは当然ですが、特に注意してほしいのがPayPay残高です。

Apple Watchで支払いをする際はPayPay残高からしか決済できません

iPhoneでいつもの様にPayPayあと払いでできるものだと思い込んで決済用とした際に、PayPay残高からしかできないことに気づいて、一瞬ひやっとしました。

iPhoneでいつもの様に決済を済ませて事なきを得ましたが、今度からApple WatchでPayPay決済をする際は注意しようと思いました。

Apple WatchでPayPay決済する際は、PayPay残高にしっかりチャージされているのを確認しましょう。

Apple WatchでのPayPay決済でも、PayPayあと払いができる様になってほしいですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

Apple WatchでのPayPay決済の支払いを行った際の実体験を語ってみました。

実際にPayPay決済を利用する上で、特に注意することは次の点です。

  • PayPay決済ができるのは残高決済のみ
  • PayPayアプリで残高をチェック
  • 利用する店舗によってバーコード決済かQR決済を選択

Apple Watchでコード決済ができるのは、iPhoneを取り出す手間も省けるので非常に便利な機能です。

この実体験の様な意外な落とし穴があったりするので、これらの点に注意してApple WatchでPayPay決済を活用しましょう。

 

 

【Apple Watchの関連記事はこちら】

>>関連記事:【体験談】Apple Watch Series 8を6ヶ月間使い込んでみた正直な感想

>>関連記事:【検証】Apple Watchに追加された手首皮膚温の測定機能

>>関連記事:【結論】WatchOSをアップデートしてバッテリー消費が増えたら待つべし

コメント

タイトルとURLをコピーしました