【結論】ベータLTとベータジャケットの比較と選び方を徹底解説

※本ページのリンクには広告が含まれています
【アークテリクス】

アークテリクスのゴアテックスジャケットの中でも大人気を誇るベータLTジャケット(以下ベータLT)とベータジャケット

この2つのジャケットは同じベータシリーズとしてラインナップされているのですが、どちらも似た様な特徴があって選ぶのに困ったりしませんか。

・ゴアテックスで防風防水
・薄くて軽量
・何にでも使える汎用性がある
・シンプルでカッコよくてファッションにも使える

どっちもソックリなんだけど、結局どっちを選べばイイの?。

どっちを選んでも間違いない、と言うのが正直な所です。

ですが、選ぶ際の大まかな方向性としては

街着しか考えてない → ベータジャケット

アウトドアも視野に何にでも使いたい → ベータLT

この様に考えてもらって大丈夫です。

それでも判断に迷ってしまう場合、殆どの人にはベータLTをオススメできると言えます。

・アウトドアから街着まで、何にでも使えて丈夫で長持ち

・四季を通じて長いシーズン対応しやすい

この記事では、ベータLTとベータジャケットの違いと選び方について解説します。

実際にこの2つのジャケットを手に取ってみて、その使用感からどの様な方にオススメなのかを紹介します。

ベータLTとベータジャケットのどちらを選べば良いか迷っている方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ベータLTとベータジャケットの違い

ベータLTとベータジャケットのスペックを表にしてみました。

評価は⭐️5段階での数でつけてみましたので、参考にしてみてください。

 ベータLTジャケットベータジャケット
コンセプト<ベータシリーズ>
アウトドア〜街着まで万能の汎用性
<ベータシリーズ>
アウトドア〜街着まで万能の汎用性
用途悪天候:⭐️⭐️⭐️⭐️
アウトドア:⭐️⭐️⭐️⭐️★
街着:⭐️⭐️⭐️⭐️★
悪天候:⭐️⭐️⭐️⭐️★
アウトドア:⭐️⭐️⭐️★★
街着:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
素材<ゴアテックスプロ 3層>
表地:N40d
裏地:トリコットバッカー
<ゴアテックス3層>
表地:N30p
裏地:Cニットバッカー
耐久性⭐️⭐️⭐️⭐️★⭐️⭐️⭐️★★
フィット<トリムフィット>
体に沿うスッキリデザイン
<トリムフィット>
体に沿うスッキリデザイン
ポケット外側:2箇所
(ハンドポケット×2)
外側:2箇所
(ハンドポケット×2)
内側:1箇所
ベンチレーション
ヘルメット対応
使用時期春:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
夏:⭐️⭐️⭐️★★
秋:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
冬:⭐️⭐️⭐️⭐️★
春:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
夏:⭐️⭐️⭐️★★
秋:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
冬:⭐️⭐️⭐️★★
重量395g300g
携帯性⭐️⭐️⭐️⭐️★⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

スポンサーリンク

それぞれの特徴

【ベータLTの特徴】

・街着からアウトドアまで、殆ど何にでも使い易い
・ベンチレーション付きで脱ぎ着なしでも熱気・湿気の換気が対応可
・ベータジャケットよりも生地もしっかりしていて丈夫
・冬場でも対応し易い(スキー・スノーボード等のウインタースポーツも可)

ベータLTについて更に詳しい解説は↓を参照してみてください。

関連記事:【アークテリクス】ベータLT 基本機能が詰まった万能ゴアテックス|レビュー

【ベータジャケットの特徴】

・携帯性重視で、脱ぎ着が多いシチュエーション向け
・着心地が抜群で、ジッパーの動きが軽い
・ベンチレーションがない分、腕周りはごわつかない
・内側にもポケットがあって収納性がある
・ベータLTより約100g近く軽い

ベータジャケットについて更に詳しい解説は↓を参照してみてください。

関連記事:【アークテリクス】ベータジャケット 街着でもキマる万能ゴアテックス

それぞれオススメの人

ベータLTを選ぶべきオススメの人

・街着でもアウトドアでも何にでも使いたい

・脱ぎ着はあまりしない、着ている時はずっと着用し続ける

・生地が丈夫なので長く使える

ベータジャケットを選ぶべきオススメの人

・どちらかと言えば街着重視(むしろ街着しか考えていない)

・少しでも着心地を重視したい(着用感、ジッパーの開閉のし易さ)

・脱ぎ着をして調整する事が多い

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました