【注意】激安価格のAirPods Proは偽物の可能性大

※本ページのリンクには広告が含まれています
【Apple】

Yahoo!ニュースでもランキング入りしていた話題です。

異常に安いAirPods Proを購入したら偽物だったと言う話です。

AirPods Pro2のレビュー記事でも触れていたのですが、今回話題のAirPods Proに限らず、Apple製品で20%以上に迫る値引きが謳われている物は偽物と思って間違いないです。

万が一、偽物を買ってしまった際も、ヤフーに申告することで支払い金額が返金される制度もありますので、慌てず対処すれば大丈夫です。

今回のAirPodsの話題も踏まえ、もしYahoo!ショッピングで偽物を買ってしまった際の対処の方法を確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

問題のAirPods

Yahoo!ニュースでも話題の記事としてランキングされていた内容です。

Yahoo!ショッピングで買った割安AirPodsが偽物と判明、出店者とは連絡不能 返金してもらえるのかヤフーに聞いた(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
「ネット通販で購入したAirPods Proが偽物だった」という投稿が、X(Twitter)をざわつかせています。被害に遭ったヒデリーヌさんに詳細を聞きました。  ヒデリーヌさんはYahoo!シ

この時話題になった対象のAirPodsは、AirPods Proのおそらく第一世代の方。

ですが、Yahoo!ショッピングでAirPods Proを検索すると、最新の第二世代の方でも50%以上の割引が適応されているショップが見受けられました。

本来なら、これ程の割引率はありえません。

スポンサーリンク

 

20%以上の割引はありえない。

基本的に、Apple製品の割引率はあまり望めなく、

・10%の割引があれば御の字
・15%近くの割引は大盤振る舞い

くらいの相場感になります。

そんな中で、今回話題のAirPods Proは20%以上の割引されている製品でした。

 

話題のAirPods Proが異常に安かった理由

問題のAirPods Proが安かった理由は簡単で、偽物だったからです。

AirPodsの動作側不調になり、

・イヤホンの片方だけがバッテリーの極端に早く切れる
・通話が途中で途切れたりする

このような、おかしな挙動をするよになってきて疑い始めたそうです。

そして実際に分解して、分解したイヤホンの中身と充電ケースの外観の違いで偽物だと確信したそうです。

スポンサーリンク

 

偽物だった場合でもヤフー側で対応可能

このようなケースの場合、偽物だったとしてクレーム対応はしてもらえるのでしょうか。

この偽物を販売していたショップは、すでにYahoo!ショッピングからは存在していないことがあるので、そうなるとショップへの直接のクレームはできなくなります。

しかしながら、ショップへの直接クレームはできなくても、ヤフーへ申告することで「到着後トラブルお見舞い制度」と言う制度が適応されます。

この制度は、購入した商品に対してのトラブルに対して50万円を上限に支払い金額を保証してくれる制度です。

トラブルの内容としては、次の通りになります。

・欠陥品だった(例:正常に動作しなかった、部品が不足していた、傷・汚れ・不具合があった)
・異なる商品だった(例:注文していない商品が届いた、商品画像とまったく異なる商品が届いた)
・ニセモノだった(例:ブランド品を購入したが、模倣品が届いた)
・数量が不足していた(例:複数個注文したが、1個しか届かなかった)
・返品トラブルが発生している(例:返品後、交換品が届かない・返金されない)

トラブルの対象に、今回の件であった偽物の場合も含まれてあります。

万が一、Yahoo!ショッピングで偽物を買ってしまっても、申告することで支払い金額が返金される見込みがありますので、慌てずにヤフーに申告してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました