【朗報】「Twitter」に代わる話題のSNSアプリ「Threads」登場

※本ページのリンクには広告が含まれています
【トレンド】

Instagram・Facebookを運営するMeta社が、2023年7月6日に「Threds」というアプリをリリースするニュースが発表されました。

先日、Twitterの回覧制限が話題となり、Twitterの代替えとなるSNSアプリが無いかと利用者が騒めいているこのタイミングでの発表となりました。

この注目を集めているThredsとは、一体どのようなSNSアプリなのでしょうか。

スポンサーリンク

Thredsとは

Threads」とは、Meta社よりリリースされるTwitterに代わる新たなSNSアプリです。

Instagramを起点とした、Twitterと同じく「文字ベースの会話アプリ」という位置付けのSNSアプリとなります。

このアプリはTwitterと比較すると、テキスト文章と親しい人とのコミュニケーションに特化した仕様のアプリとなっています。

App StoreからはiPhone用のアプリの予約が既に始まっています。

Google PlayストアにもAndroid版のページが公開されています。

 

スポンサーリンク

 

Threadsの特徴

主な特徴としては以下のようなものがあります。

・Instagramと同じユーザー名とパスワードでログインできる
・Instagramのハンドル名とプロフィール等の情報の引き継ぎが可能
・Twitter以上の500字までのテキスト投稿が可能
・リンク、写真、動画の添付もできる
・利用料金は無料
・日本語を含む30以上の言語に対応

 

Instagramを利用している方は、そのまま引き継ぎの形で利用できるようです。

無料で利用できて、Twitterよりも多くの文字を投稿できる点からも、Twitterよりも利便性が良さそうですね。

Twitter改悪騒動で混乱しているこのタイミングを絶好の機会としたのか、Meta社が勝負に出てかかった感がありますね。

 

スポンサーリンク

 

Threadsの注意点

運用実績がない

Threadsは7月6日よりリリースされる比較的新しいアプリであり、運用実績がまだ無いところが注意点ですね。

そのため、Threadsのリリースと同時にTwitterから完全に置き換えるにはリスクがあります。

各個人のニーズや目的に応じて、どちらのSNSアプリを使うか選択することが重要ですね。

 

検索ができない

Twitterのように#(ハッシュタグ)を使っての検索ができないようです。

Twitterであれば、この#を使って気になっている事を検索できるのですが、Threadsではその機能がありません。

Twitterと比べて唯一劣るとも言える点かもしれません。

ただ、リリース時点での話なので、運用していく上で検索機能が追加される可能性もありますので、今後の動向に注目ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

Twitter改悪報道が出た中でのタイミングでリリースを発表したThreads。

Twitter代替えアプリを探している利用者が、こぞってThreadsに流れ込むことが予想されますね。

Twitterとの使い勝手を比較しながら、Threadsの利用も検討してみてもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました