【悲報】Twitter改悪か?厳しい一時制限で1日の回覧数に制限が

※本ページのリンクには広告が含まれています
【トレンド】

関連記事:「未認証アカウントは1日600件まで」Twitter、閲覧ツイート数を一時大幅に制限。現在は緩和も「Twitter終わり」トレンドに

7月2日にイーロン・マスク氏がTwitterの読み込みツイート数を一時、大幅に制限したと発表しました。

これは事実上の改悪に相当する処置のように聞こえます。

一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

改悪の内容

今回の改悪と捉えられる制限内容は以下の通りになります。

 

制限発表後の制限内容

・認証済みアカウントは1日あたり6000ツイートまでの閲覧に制限

・未認証アカウントは1日あたり600ツイートまで

・新規に作成された未認証アカウントは1日あたり300ツイートまで

 

これが時間経過とともに、制限は緩和されていきました。

 

時間経過後の緩和された制限内容

・認証済みアカウントは1日あたり1万ツイートまで

・未認証アカウントは1日あたり1000ツイートまで

・新規に作成された未認証アカウントは1日あたり500ツイートまで

 

スポンサーリンク

 

制限の理由

今回の制限の理由について、「極端なレベルのデータスクレイピングとシステム操作に対処するため」とされています。

データスクレイピングとは、簡単に要約すると「データを収集して、それらを目的に合わせて加工すること」を意味します。

参考サイト:Cloudflare

Twitterには、日々アカウントを持ったユーザーや非アカウントユーザーによる膨大な量のアクセスが集中しています。

過去には「Twitterのデータが企業に持ち出された」といった報道も流れたくらいなので、それに対応するために7月2日から制限をかけているといった見通しですね。

こういった制限は、Twitterのアクセス量を考えたら、いつかけれられても不思議ではなかったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

制限はいつまで続く?

正式な公表はまだのようですが、これらの処置に対する一時的な処置ではないかと思っています。

段階的に制限を緩和しているので、いずれは通常通りの使用に戻っていくと思います。

「Twitterサ終」「Twitter終わり」「Twitter一生」のようなワードがトレンド入りしているので、Twitterの影響力の強さを改めて思い知らされた気がしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました